FC2ブログ
2020年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2019.10.15 (Tue)

10/13 銀剣のステラナイツ

10/13 銀剣のステラナイツ卓 プレイレポート的な何か

さいころ亭二度目のステラナイツである。
今一度説明しよう!
ステラナイツとは、推しのカップリングを見て悶えたり、見せつけて悶えさせたりするゲームである!(ルールブック参照)
とはいえ、本来のゲームの趣旨としては、その「推し」の部分ががっちり合っているグループでプレイしてね♪的なやつだ。
性癖もなにもてんでバラバラな、いや、それが同じ奴らばっかりだったらそれはそれで怖いが。
バラバラな奴らの集まりなさいころ亭でどうやって運用するんだYO!というわけで監督は考えた。
もういっそのこと笑いにするしかないよね、と。
というわけで、今回は特殊ルールを使用してのキャラクター作成となった。
ルールは簡単!PLはパートナーに対して、三つまで質問することができる!
それ以外の相談は一切なし!
こうやってお互いに限られた情報で出来上がったキャラクターが、出合頭の衝突事故を起こすのを楽しみながら、それはそれとしてエモいロールプレイはやっていこうという寸法だ。
かくして、お互いにじりじりと間合いを図る攻防のようなキャラクター作成が始まった。

PL2「…耳と尻尾だけで顔が普通の獣っ子は許せる方ですか?」

いや、この人全然じりじりじゃねえな!いきなりクリティカルなのぶっこんできたぞ!?

PL3「どっちでもいけます」

なんでやべー奴同士が隣になってんだよ席順ダイスで決めたのによぉ!?

PL4「じゃあ修行して勝つ流れがやりたいので斬〇刀やってもらっていいですか?」
PL1「OK」

最早質問の体の要望出しだね!?

GMの甘い目論見は、PL達の立ち回りによって崩れ去り、概ね無事にPCは完成しちまいましたよコノヤロー。

セッションの方は大きな事故もなく進み(PLが一名恥ずか死していたのは事故ではなくただの自殺であった)残るはクライマックス戦闘とエピローグだけ!というところまできてタイムアウト。
キャラクターの作成に時間を取りすぎていたので、次回はこの辺りをきっちり時間管理していこうと、反省ポイントを忘れないように書いておく良いGMが私だ。
嘘である。良いGMはそもそもきっちり最初から時間内に収まるように調整する。

ともあれ、今回のセッションも大変楽しませていただきました。
あの状態からあそこまでエモいシーンを作りあげてもらって、ブーケを投げるのがとても楽しかった!
無茶振りにもかかわらず付き合っていただいたPLの皆さん、本当にありがとうございました!
スポンサーサイト



EDIT  |  23:59  |  銀剣のステラナイツ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |