FC2ブログ
2020年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2007.10.21 (Sun)

10月21日定例会記録(1)

10月21日1卓目は私T381によるクトゥルフ神話TRPGでした。
シナリオは内山靖二郎氏のサイトに公開されている“まれびとの島”。
舞台は現代日本の鹿児島近海に位置する孤島、喜多島。
10年近く前に音信不通になった友人からの手紙でその島に招かれた探索者たちを待っていたのは…?
という、逃げ場の無い地域でどうにかして敵と味方を嗅ぎ分け、人としての矜持を保ち、生きて本土へ戻る事を目的にするセッションでした。

参加した探索者たちは…

■PC1(神牙さん):岡森 多摩(おかもり たま)29歳男性 スポーツ選手
さいたまプロレス(たぶんnot埼玉)の稼ぎ頭らしい、がたいのよいスキンヘッド男。外見は威圧的だが弱者に対して思いやりのある、面倒見の良い好漢。NPCである横井治とは学生の頃の友人であり、彼からの9年ぶりに消息を知らせる手紙と、喜多島への招待状を受け取り、友人である高山と大井に声をかけて南の島を訪れる。そこに神話的恐怖が待っているともしらず…

■PC2(すずねこさん):高山 勇太(たかやま ゆうた)35歳男性 林業
秩父山系の山で林業に従事する物静かな男。山の植生についての知識、経験はたいしたもの。山での重労働に耐える体力もあり、スポーツ刈りのヘアスタイルも体育会系のイメージを強化するが、実は読書好きで写真にも興味がある。妙にノリの良い母親と同居。NPCである横井治の撮った写真に共感し、そのつながりで岡森とも知り合っていた。

■PC1(ゲストSさん):大井 十六(おおい じゅうろく)30歳男性 高校教諭
初狩高校(たぶんnot初雁)の男性教諭。お給料は安いらしい。背丈はあるが体力は低い、ひょろっこい感じの先生だが、そのかわり人間の限界に挑戦する高い知性の持ち主。ホントはそんな職場に埋もれてないで、どこかの有力な研究室にでも入るべき人(笑) だがそれがいい。岡森とは小中一緒の幼馴染であり、イまでも週に一辺くらい一緒に呑みに行ったりする。

…こんな人らでした。

(文:T381)

【More・・・】

どうもどうもー。すずねこです。
今回の例会ではクトゥルフの「まれびとの島」というシナリオに参加させて頂きました。
これが噂のクトゥルフかーと、どきどきしていました。
平たく言えば孤島推理脱出劇という内容でした。詳細を書くとネタバレになるので自重します。

PC紹介やあらすじはきっと誰かが書いてくれる!と投げて(ぉぃ
私の方は思ったことをつらつらと。

ぽそっと言いましたけれど、クトゥルフのポイントと言うか特徴は、
『PCはごく普通の人間であり、超常に対抗する力を持たず、
大勢の人間を助けられるヒーローではない』と、いう点なのではないかと思います。

不条理ホラーというよりは推理がメインだった感じでしたかね。
自分である程度アクティブにならないと行けなかったので、頭が悪い私では何か一杯一杯で申し訳なく。

最終的にPCは誰も死なず誰も発狂せず、で大団円に近い結果になったでしょうか。
次こそは雛見沢症候群のL5を発症させて見たいです。まる。

(文:すずねこ)
スポンサーサイト



テーマ : TRPG - ジャンル : ゲーム

EDIT  |  17:49  |  CALL OF CTHULHU  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

*Comment

♪い~な~

クトゥルフ羨ましす(*^^*)
今度やる時には一緒にガクガクブルブル(((~_~;)))したいッス(笑)
MK |  2007.10.25(木) 00:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |