FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2007.10.07 (Sun)

10月7日定例会記録(1)

10/7の1卓目は、月夜鳴氏のGMにてナイトウィザード2ndでした。
シナリオはルールブック付属の“蛇の魔王”
オフィシャルシナリオである為、詳しい内容は省略です。知りたい時はルールブック買うか、持ってる友達に見せてもらってネ。


プレイしたキャラクター達は…

■PC1(すずねこさん):“赤虎”時環 聖子(ときわ せいこ) 聖職者/アタッカー
ハーフなので金髪碧眼のシスターさん。見た目はぶっちゃけfateのセイバー風。自宅は教会。都合が悪くなると吐血して事がうやむやになるが、実際に超病弱なのでツッコミ入れるわけにもいかない。焼き鳥マニアで、特にタレにはうるさい。焼き鳥のタレの師匠は、幼馴染で姉代わりで喧嘩友達であるともえ(自宅が神社で巫女さんだ)の、お父さん(神主さんだ)らしい。

 グイード 「神の使途時環聖子よ…体の具合はどうかね?」
 聖子 「ちょ、その言い方はちょっとセクハラですよ!?」



■PC2(ゲストUさん):“至高のマーズ”光(ひかる) 大いなる者/キャスター
同性に陰険・異性に絶対無敵な超絶美形。まさに光の君。常日頃自分と周囲の人間との間に違和感を覚えていたが、それは彼の恐るべき正体に原因があった。その性格からまともなコミュニケーションをとりにくい人物だが、世の女性の多くはその神がかった美貌と強引なアプローチに押し切られるに違いない、別の意味でも恐るべき傑物w。

 ポンチョを着た少女 「…え?もしかして私の事、覚えてない!?」
 光 「ん~、ボクは出合った女性の顔は忘れないんだけどなあ」



■PC3(T381):“屍色姫”玉淀 要(たまよど かなめ) 魔術師/キャスター
ウェーブがかった黒髪ロングでそれはもう物憂げな様子のお姉さん。目は魔法の実験の失敗で真紅に染まり、治らない。血族の女性は呪いで30歳まで生きられないらしく、それが確かなら余命2年。母と6人の姉を既に亡くしている。表面上は世を儚んだ態度をとるが、実際はまだあきらめ切れてない。不吉な通り名は彼女の気を更に重くする。

 要 「秘密公爵!?なぜこんなところに…!」
 リオン=グンタ 「フフ、それは…秘密です」



■PC4(神牙さん):“衝撃のおっさん”黄龍(こうりゅう) 強化人間/アタッカー
がっしりとした体格の渋いおっさん39歳。ロンギヌスに所属し守護者アンゼロットにこき使われる幸薄い日常を送る。今回もアンゼロットからの指令で冥魔退治に向かう。拒否はできない。…そのまま放っておけば3日で世界が滅ぶらしいから。以前、魔術師協会との合同演習で要と知り合った際、何かひどい目にあったらしい。

 黄龍 「………まあ、言いたい事は、分かる」
 アンゼロット 「あなたならそう言って下さると思っていました♪」


こんな感じの人たちでした。





あと、いくつか印象に残った台詞とシーンを。記憶とメモから。シーン解説文はイメージです。
(だからちょっと実際と違っても気ニシナーイ)


 聖子 「やきとりが…冷めちゃうから…」
 ともえ 「あ~~~~~~っ!?もうあなたといるとハゲそうだわっ!!」


動き出した冥魔を倒す戦いに赴く為、共に肩を並べ戦うウィザードとなった聖子を迎えに来たともえは、地団太踏んでいた。世界の裏側とかかわる非日常の領域に足を踏み入れながら、この時まだ彼女たち二人は暖かな日常の延長にいた。彼女たちはまだ知らなかった。恐ろしい運命がその残酷な顎を開いて待ち受けている事を。


 ポンチョを着た少女 「全ての力を取り戻すの…どう、素晴らしいでしょ?」
 光 「それは………いいな」


眠れる大いなる者の一柱である光をそそのかしに来る魔王。甘い言葉に彩られた真実の欠片。光は徐々に己の素性を認識し、更に内に眠る力に影響されて更なる力を求め始める。幻の炎に惑わされ運命という蜘蛛の糸に絡め取られる儚い蝶のように。


 黄龍 「落ち着けや。あっちが俺たちより上手だった。ただそれだけの事だ。」

戦いに勝利したはずの現場は重苦しい空気に支配されていた。大人数の部隊で全員の力を合わせて冥魔を滅ぼしたはずだった。自分だってその一員として力を尽くし、目の前でその瞬間を網膜に焼き付けたのだ。だが現実は常に非情だ。とはいえ、ここで自分までもがつぶれるわけにはいかないのだ。


 聖子 「…私が行く。ひとりでも…行かなきゃいけない時もあるんだ!!」

徐々に明かされる、隠されて来た真実。かけがえのない友であり姉であるともえを取り戻す為、聖子は勝算の低い戦いへ身を投じようとしていた。今のところわかっているのは、敵は伝説に名のみ伝わる超至高神に喧嘩を売った古代神だということだけ。誰もがもう駄目だと思った。それは、あまりにも無謀な挑戦だった。


 光 「でも、困ったなあ、ボクは誰か一人のモノにはなれないんだよなあ♪」

要から人間として古代神の復活を阻むための助力してほしいと要請された彼は、そう言い放った。あまつさえ「結婚しよう!」とも。すさまじい存在力だった。誰もがその言動を無視できず、彼の輝く美貌とあいまって強制的にシーンは乱れ咲く愛の花園に埋められていく。世界を賭けた現場は一瞬、進退きわまった(笑)


 聖子 「…あんなのともえじゃない。だからあたしのともえを返せ」

その胸に揺れる二つの肉の盛り上がりを見て聖子は言った。冷ややかな目だった。
発展途上に幸あれ(笑)。


 要 「人間の力を侮るな、…って、言ったわよ?」

宵闇の魔術師の放った魔力は、黄龍の砲撃に押されて動きを止めた神の体に次々に突き刺さる。次の瞬間、金属的な音と共に展開した闇色の刃が、その四肢をばらばらに斬り飛ばした。
その傍らで、引き裂かれ地に倒れ伏した聖子を、光の手から放たれた力が包みこみ癒していく。


 ポンチョを着た少女“ベル” 「さすが私の見込んだ男ね。あなたがこの手を取ったら引き裂いてやろうと思っていたのに。フフ」
 光 「…蝶サイコー!♪」
(多分、not誤字)

強すぎる古代神の力は、光の魂の中にまだその欠片を残していた。時間さえかければ、神は再び復活するという。そして魔王にも神にも、時間など何の障害にもならないのだ。いつかまた必ず、この世界を脅かす危機はやってくるだろう。その時勝つのは今度は誰なのか、それはまだ誰にも…わからない。



ところで、メモとって情報を保存する事の弱点は、自分の台詞を保存できない事orz
黄龍の台詞メモが少ないのも、要と良く絡んでくれたから、とばっちりなのね。
聖子の台詞が多いのは、その逆で要とあんまり絡んでないのでメモをとる余裕があったの(笑)
…やっぱ、ICレコーダーかなんかで、セッションは録音しておくのがいいかなあ。
リプレイを起こす起こさないにかかわらず。

今日はこのへんで。(文:T381)

【More・・・】

さいころ亭ルーキーのすずねこです。以後よしなに。
T381さんのレポと比べると恥ずかしいのですけど、
自分が印象残ってることとかぽちぽち(こっそり)書いておこうと思います。
ちと口調変わりますが、キニシナイ方向で。




10月7日、晴天なり。
HさんGMのナイトウィザード2ND、蛇の魔王ってシナリオに参加したッス。
初めてのゲームでドキドキでした。
誰が何PCとかはT381さんのレポ見てくだせ(投げた

どっか辺境にある、やばいのを封じた遺跡をダメコスプレ巫女魔王が狙ってるって聞いて、
タマヨドの魔術師の姉さんが追いかけたッス。
入り口で封印を解いている所を問い詰めるも、雑魚召喚されている間に入られた!
またまた負い掛けると足のミイラ持って消えたらしい。聖人か!?いや、魔王だけど。
困ってると、お前どこのゼ口スよ(ある意味伏せてない)って感じの、本を持った魔王が現れたッス。
「このままだと世界がヤヴァイ」などと無駄に危機感煽って消えたッス!

その頃おっさんはイエスかはいと言え!ないい性格の…アンゼロットだったかの人に言われて、
暗黒の…何かごはん美味しいですよみたいな敵倒せって言われて、欧州に向かったッス。

うちのPCの時環は家の協会の掃除しつつ、鳥肉をタレに漬けてたデス。
そこへ協会の上司の人から電話が。
こっちもごはん美味しいですよの討伐に狩り出されたッス。
吐血しまくりの小娘にも声が掛るのは一大事?
焼き終わった焼き鳥食べてから行こうとしたら、近所の友達の巫女のともえが通って、呑気だな!って怒ったッス。
かりかりすんなって焼き鳥食べてたら、禿げそうだって言われたッス。
ともえ禿げさせても仕方ないので、食べ終わって用意して一緒に行こうって。

律儀に待っていてくれるともえは変わらない。姉さんみたいな幼馴染。
それがあんなことになるなんて!

その頃光さんは自宅に居たら、むっつりだけどロリな魔王がベランダの外に浮いててびっくりどっきり。
でもそこは究極の火星!常に俺のターン!
覚えてないのかというロリ魔王の言葉に、一度会った女の人は忘れないけどだそうッス。
ロリ魔王は溜息付きながらも、ベランダからぺぃって光さん投げたッス。
何かずももって飲み込まれて移動したっぽい。

シーン移行。

欧州のどっかで暗黒餅をウィザードが集まって倒そうと頑張ってるッス。
おっさんも時環もともえも張り切りまくり。
でも前線では次々立つ死亡フラグがぱきぱきッス。
時環とともえは背中合わせて援護しながらワーキンワーキン。
でも、ともえが倒れた人を助けようと飛び出した時、暗黒餅が黒い息を吹き出したッス。
ともえが直撃したッス。
慌てて時環が近寄ると息は消えていたけど、何かダメージ受けてたみたい。
時環も持病で吐血して倒れて、おっさんに運ばれたッス。
寝言で「焼き鳥」とか言っちゃった。

んで救護テントの中で時環は目を覚ましたんすけど。
一緒に起きたともえの様子がががが。
おっさんがウーロン茶持ってきてくれたけど、何か黒い変なのがってこれ暗黒餅!?
乗り移られたっぽいともえを止めようと、時環もおっさんも突っ込んだけど弾かれたッス。
時環は銃構えたけど撃てなくて、おっさんと一緒に追いかけたッス。
ともえカムバック!!

光さんは呆然と中東の遺跡っつかトンネルっつかなところに居たッス。確か。
んで奥には何かいい物ってか、むしろ自分があるって、むっつり魔王と一緒に行ったッス。
中進むと最初の間違いコスプレ魔王やら、タマヨドの姉御やらが来て大混戦。
魔王二人はこっちと手を組めって、お互い相手を出し抜こうと必死ッス。
タマヨドの姉さんは人間であれと、必死に呼びかけてたッス。
それでも光さんは俺のターン!もはや清清しい。
「僕のために争わないで」とか爆笑ッス。足臭いのに。
そこに痺れるぅ、あこがれるぅ、ッス。
魔王二人はまだ何やら言い争って。
手だの足だの、胴体だの、足なんか飾りなんだ偉い人が言ってただの、ぎゃーぎゃーッス。

そこへ天井ぶち破って、赤い月を背負うようにともえさんが登場!
光さんの中のものずもももって奪って、何か変化した!?
時環とおっさんも合流して、見ている間にどんどん原型が…腕だけはまだ普通なのに。
魔王二人もあちゃーってなってたッス。
おっさんもタマヨドさん見てアチャーってなってたッス。歩く死亡フラグ?
時環はともえの声が聞こえて、飛び掛ろうとしたけど逃げられたッス。
追いかけようとしたら、おっさんとタマヨドさんに押さえられて、
ついでに暴走気味の光さんもがしっとおっさんに捕まって空中団子ッス。

とりあえず落ち着けって下の魔王二人のところに行ったら、ゼ…な本を抱えた魔王が。
尋ねたら今回は仕方ないって色々教えてくれたッス。
逆鱗突いたらともえは助かる。
ともえ助かったらティアなんとかを倒す。
タマヨドさんにほにゃららしてもらって、神楽鈴から気配を追って、いざ日本へ!

日本ってかともえの実家の神社が崩壊!
時環は倒れているともえの父さん(マスター・ヤキトリ)を助け起こすッス。
変な黒靄が神社の御神体を奪って行ったらしい。
あれはともえだって言って、必ず助けるって誓って、今度は光さんのほにゃららで…都心へ!

その頃都心の上空には敵が出る出るホールが開いちゃってたッス。
皆で飛んでいくと雑魚が一杯。ウィザードさん達が応戦してるけど、零れ玉が。
ここは時間をかけているわけには!となったら、光さんが奇跡をぺかーって起こしてくれたッス。
敵に気付かれずに、隙間を割って入るようにティアなんとかの元へ!
ティア何とかではなくて以後ボインで。
光さんに一緒に来いって言ったけど、光さんイヤイヤしたッス。
そしてバトル。
時環は聞いていたので、最初にテレポート使ってボインの横に出て逆鱗を打ち抜いたッス。
背中から出てくるともえをキャッチ。
生きてるし、頭もはっきりしているのを確認し合ってともえには離脱してもらったッス。

その後は時環はボインと応戦。その隙におっさんが先陣を切って雑魚に特攻。
タマヨドさんや光さんの十字砲火と、さくっと退治。
でもボインのブレスがおっさんに向かうと、流石にやばいってなってタマヨドさんがバリア張ったッス。ぐっじょぶ。
時環も神罰代行を使ってがっつり撃ったッス。
皆でフルボッコ!
時環が攻撃を食らって瀕死になったりしたけど、タマヨドさんの魔法がボインを撃破!皆、お疲れ様!
出る出るホールは閉じて、残った雑魚も掃除されたッス。
もし最初雑魚に時間掛ってたら閉まらなかったらしい。危ない。

光さんはその後も変わらない感じ。魔王に手を組まないかと言われて、どきっぱりNO!
「蝶サイコー!」とかポージングしてて、やっぱり俺のターン。

タマヨドさんは箒にまたがって空跳んで「結局何も変わらないわ」って素敵な台詞残して、流星みたいに飛んで帰りました。

おっさんはアンゼロットに報告に行ったら、部下の死屍累々で、アンさんも寝不足で。でも頑張ったねって感じ。

時環は神社が直るまで協会で働くともえをにやにやしながら見て、また血を吐いて心配されたりしながらも、戻ってきた日常に笑ったッス。


めでたしめでたし




これ読んでどういう話かわかる人は凄いと思う。 (ダメジャン
メモ取っていたわけじゃなくて、思い出しながら書いたので微妙に間違っている部分もあると思いますが、(というかそれ以前な気も)
暇な時生温かい目で見てやって下さい(礼

(文:すずねこ)
スポンサーサイト



テーマ : TRPG - ジャンル : ゲーム

EDIT  |  20:46  |  ナイトウィザード  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

*Comment

♪うぉ

Read More・・・が追加されているっ!?
見る人が見ればw超詳しく話が思い出せるレポートありがとうございます♪GJであります。
いやあ、メモに頼ってるとなかなか自力で思い出せない部分が全部ぽろぽろ思い出せます。まさに痒いところに手がとどくよう(笑)

聖子はシナリオコネのともえとしっかり親友演出がされていてほほえましかったっスね。見ていてニヤニヤと笑いが(笑) シナリオでは本来は少年キャラが想定されていたみたいですが、どうしてどうして、少女キャラでも良い雰囲気になりましたねえ。…平和と日常の象徴はヤキトリですが(笑)

ともえを助け出す逆鱗への一撃が決ったら聖子へ、ラスボスへのとどめが決ったら光へ、それぞれ演出で最後の演出をトスしようと思ってたんですが、なかなか思うようにはいきませんね。ともえ救出は聖子が自力でやり遂げたんでOKでしたが、ラスボスの時は聖子が戦闘不能で黄龍にもダメージが入ってる状況で頭に血が上ってたんですかね、ついうっかりorz

黄龍とはハードボイルドでオトナっぽいやり取りでもうちっと絡めたらよかったのにと残念です。この組は夜の繁華街とか薄暗いバーとかで、ただれた会話をしてても似合いそうなのに。…要が出不精なのでシチュエーション上なさそうですが(笑)

光はどうなんだろうなー。要は厭世的になってちょっとなげやり風味なので、強く結婚を迫られたら投げやりに(笑)OKしちゃいそうなんだけど、光のくどき文句はきっとその場限りの賞味期限なんだろうな。今回は同性の黄龍とほとんど絡まなかったけど、やり取りがあったらどういう風になっただろうかなあ。
T381 |  2007.10.09(火) 12:30 |  URL |  【コメント編集】

♪素晴らしい

その一言ですな(笑)。
いや、T381さんもすずねこさんも、よくぞそこまで書けるものだと感心してしまいます。

T381さんは、メモを取ってるからある程度はわかるとしても、すずねこさんは記憶だけで書いてるのですから、脱帽でございますm(__)m

>黄龍とのやり取り

う~む、どうでしょう。ハードボイルドチックにいくのか、はたまたギャグに走ってしまうのか、どちらでも転んでしまいそうな気が・・・(笑)。
まぁ、字が「衝撃のおっさん」になってる時点で、ハードボイルドのハの字もないような気もしますけどね(笑)。

とはいえ、確かに要嬢とは、そんな感じでハードに絡んでみたいですなぁ。
次回以降で機会あれば、といったところでしょうか。

聖子嬢とは、なんだかんだで絡めたので、ある程度満足しておりますが、光君とはなかなか絡めず、ちょいと反省。

とはいえ、また、この面子で出来たら、面白いだろうなぁ、と1人考えてみたりしてます(笑)。
神牙 |  2007.10.09(火) 23:50 |  URL |  【コメント編集】

♪どどめ色

>まぁ、字が「衝撃のおっさん」になってる時点で、ハードボイルドのハの字もないような気もしますけどね(笑)。

いやー、それを言うなら、要だってホントは“どどめ色のヴィーナス”よ?
どどめ色ってどうなのよどどめ色って( ̄▽ ̄;)
あくまでアレはイメージソースであって、アレを元にして自分のイメージで通り名を考えるべきだとおもうなあ(笑)

…ところで、“どどめ色”って実際どんな色なのか、素朴な疑問をもって、ぐぐってみたら、こんなページがヒットしました。
http://iyage.fc2web.com/iyatext/dodome.htm
むぅ。これが本当なら、語感だけでみるとイヤげな色だけど、視覚的にはなかなか美しい色と言えるかもしれないですナ(笑)
T381 |  2007.10.10(水) 00:48 |  URL |  【コメント編集】

♪ふふ

明日仕事なのに三時半までぽちぽちやってましたさ。
寝ると忘れるんですよね…

PC1として周りと絡むとか考えないで突っ走っちゃってて申し訳なかったです。

>どどめ色の真実

そんな色だったのか…だったらヴィーナスでも似合ってたかもですね(笑
すずねこ |  2007.10.11(木) 01:09 |  URL |  【コメント編集】

♪いえいえ

それがPC1の特権というものですよ(笑)>突っ走り

絡みを考えないで、とありますが、こちらから絡んだときにしっかりと対応してくれたので、全然問題ないと思いますよ~。
神牙 |  2007.10.11(木) 20:50 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |