FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2018.06.18 (Mon)

6月17日定例会2卓目

6月17日の定例会2卓目はつき氏RLのトーキョーN◎VAアクセラレーションでした。
クルードルールにて「An ordinary day」というシナリオをプレイさせてもらいました。

■PC1 中村行人(なかむらゆきと) PL:owl氏 
◎フェイト ●カタナ マヤカシ
NIK 男 20代半ば 背は低め 頼りない感じ トレンチコート 日系人
己にのみ聞こえる、姿なき霊の声に耳を傾ける探偵。
外見とは裏腹、その歩みは迷いなく、力強い。獲物は腕に仕込んだ刃。

■PC2 散華(さんか) PL:すずねこ 
◎カゲ チャクラ ●ニューロ
フリーランス 女 20歳前後 全身義体 人形的容貌 フィットしたスーツ
潜入を得意とし、電子戦も嗜む妙齢の女。
受ける仕事も声を掛ける人間も、自分の直感的好悪で選ぶ。

■PC3 国防天秤(くにさきらいぶら) PL:おおつか氏 
◎イヌ ●クグツ カブトワリ
検察局 男 36歳 眼鏡 スーツ 日系人 アタッシェケース
“警”察官ならぬ“検”察官。登ってくる報告書を読むだけでは済ませず、現場の土を踏む。
行人とは別の意味で死者の声に耳を傾ける法の番人。

普通のルールでは組み合わせがよくない、もしくは経験値的な意味で燃費が悪いスタイルが選べるのもクルードルールの魅力ですね。
ルールで担保されている部分が最小限のロールプレイ重視のスタイルだからこそ、
他お二人のPL様の技量の高さに感心する反面、自分の至らなさというか下手さを痛感しました。
やりたいこととやれることは違うけれども、その差を埋めるべく今後も勉強させて頂きたいです。
RL、PLの皆様お疲れ様でした。
またの機会がありましたらよろしくお願いします。

(文:すずねこ)
スポンサーサイト
EDIT  |  00:05  |  トーキョーN◎VA  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。