FC2ブログ
2020年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2005.07.24 (Sun)

7月24日議事録(2)

7月24日定例会の2卓目は、緋月 八樹さんのトーキョーN◎VA Dでした。
シナリオはカゼのSSS掲載の『復讐の天使』でした。

深夜の環状線を疾走する都市伝説。ゾクを狩り続ける幽霊ライダー。
だがそれは、曖昧なゴーストなどではなく、実体を持った狂気だった。
復讐を誓う少女と狂気に犯されたAI。抗争を続けるゾク。
さまざまな思惑を原動力に、また新たな伝説が駆け抜ける!

こんなような話でした。

参加PCは・・・


一匹狼のカゼ。
斜に構えた感じの青年だがで、弱者には優しい好漢。
昔馴染みの少女ホーリィが復習の為にゾク狩りを行っていることを知り、辞めさせようと奔走する。
「俺はツイていない・・・」が口癖で、二つ名の由来という噂も!?
・・・一言で言うなら、今回の主役!

柳木 悠
千早重工のクグツ。
どこか飄々とした雰囲気の男だが、会社の不利益となる者には冷徹な裁きを行う怖い人。
千早重工から消えた新型ヴィークルを回収するため暗闘する。
キャラクターイメージはトリビアの泉で有名な「八嶋さん」らしい!?
・・・一言で言うなら、仕事の鬼!

朽木 三郎
悪のフリージャーナリスト。
ジャーナリズムを武器に、色々企む悪い人。
軽い気持ちで調べ始めた幽霊ライダーの正体を察してしまい、企業と利益の狭間で苦悩する。
ちなみに今回は赤字だったらしい!?
・・・一言で言うなら、メディア界の蛆虫!

レイニィ
凄腕のニューロ。
実はAIであり。実年齢は3歳だったりする。
兼業でヴィークルの修理工場をボランティアで行っていた。・・・が、留守中にゾクが進入し、工房が荒らされた為、大いに憤慨する。
ちなみに、今回唯一の成長キャラだったりする。
・・・一言で言うなら、4番でエース!

こんな人たちでした。
スポンサーサイト



EDIT  |  01:48  |  トーキョーN◎VA  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

*Comment

♪せっかく書いていただいたのに……

RLからのコメントが、こんなに遅れに遅れて申し訳ありません……

なんと言うかこう、謝るばかりしか出来ないアクトになってしまって、参加してくださったPLの皆様、本当にすみませんでした。
敗因は、急遽シナリオを自作から既製へと変更したせいで、シナリオの読み込みが足りなかったことと、キャストの能力を読み違えたことでしょう。どちらの理由も、大本にはDのシステムにも不慣れなままだったという点が大きく影響しているわけですが……。
元々緋月は、ゲーム的に巧くやるというのが苦手で、TRPGならまだしもカードゲームとかシミュレーションとかやった日にはもうどうにもならないタイプのPLで、N◎VAでもキャストは趣味に走った作り方をするし、RLやるときでも「カット進行は楽しくないRL」と言うのが大前提になるのを許してくれる面子に甘えたやりかたをしていました。
今回は「敵が強い」と言うイメージの強いSSSだったからこそ、「ま、どーにかなるかなー」なーんて楽観視をしていたのですが……
ダメでしたね(泣)
まだまだ一番の新参者で、傾向をつかみかねているところがあるのですが、やっぱりさいころ亭の皆様は、ゲーム部分、N◎VAならカット進行部分は、楽しみの比重としては大きいほうなのでしょうか。
そうだとすると、緋月はRLとしては不向きなのだろうなあ…と思ったりする今日この頃です。

PLの皆様は本当に上手で、主人公役割を受け入れてかっこよくやってくれた凶、ボケとクグツとしてのクールなところの二面性が素晴らしかった柳木、ダーティをとことん貫いた朽木、そして文句なしのエースで四番なレイニィと、みんな素敵なキャストでした。
本当に、ヘタっぴRLにお付き合いくださいましてどうもありがとうございました!

それにしても、このレポートすごくカッコ良いですね。
緋月 八樹 |  2005.08.15(月) 23:23 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |