2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016.11.13 (Sun)

11月13日定例会3卓目

11月13日の定例会3卓目はMK氏GMのブレイド・オブ・アルカナでした。
指輪物語など、ファンタジーの中でもそちらの方面を意識したシナリオ、だったということでいいのかな。
具体的なお話等は聞けていないので、参加した方のご報告があればよろしくお願いします。

(文:すずねこ)
スポンサーサイト
EDIT  |  23:14  |  ブレイド・オブ・アルカナ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

*Comment

♪書き忘れ!

感想を書いていたのですが、すっかり書き込んだものと思っていて忘れていたという。せっかくなので随分時間が経ちましたが書かせてくださいませ。

(システム)
スキル構成などのフォーマットはいわゆるFEAR系のシステムがベースで、判定方法はD20の下方判定ということでD20を使うという辺りがちょっと珍しいタイプ。
世界観的には大きくいってハイファンタジーでしょうか。漠然としたイメージだと、超常力を授かったPCたちが同じく超常力を持ってはいてもその力に溺れてしまっている敵を倒すという感じ。

(MyPC)
エルデパリエル・・・小さな頃狼に育てられた不思議ちゃん系な遍歴の騎士。人里に降りてきてから、拾ってくれたお兄様が初恋で大好き・・・なのはいいけど、「ですぅ」とかぽやぽやしていて、動物的な大好きな雰囲気。匂いで人やものを嗅ぎ分けるとう変な特技というか特徴をもっていたりしておよそ、遍歴の騎士のイメージとかけ離れていたり。PC間の関係を決める時にある意味神秘的な存在だ、とは某PLさんの言。

(感想)
シナリオや世界観、GMの今回の考えている雰囲気などの最初の説明から、これはギチっと世界観にマッチした背景を持って動かないとまずそうだな、と印象があり、どうしようかと悩みました。
ハンドアウトが間接的とはいえ、そのマローダに雇われている傭兵的な立場というあたりだったのでそこで敵を見逃している理由や、敵であるマローダは絶対的に倒すべき敵!ということだったので、思考の整合性をとるのが意外に難しい。
そんな理由でどういう方向性に行ってもおかしくない、不思議ちゃんな感じに。
このあたり、このシステムを私が勘違いしていたのが原因でもあるんですが、たぶん、これはNOVAと同じで私のイメージで言うと俯瞰するタイプのシステムでそれを意識したスタンスでいかないといけなかったなあ、と。
うん、次はもっと意識して立ち回ろう。
GM様PLの皆様遊んでいただきありがとうございました♪
chesya |  2016.12.02(金) 21:35 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |