FC2ブログ
2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2006.09.17 (Sun)

9月17日定例会記録(1)

9月17日定例会、1卓目は、月夜鳴さんのGMで、アルシャードffのサプリメント「ウィンカスター・フォーチュンサービス」掲載のシナリオクラフトシステムを使用して作成された即興シナリオ「天かける城」でした。

合成されたグランドオープニングタームは…
「獣ヶ原の空飛ぶ城に強大な力を秘めたレリクスがあるという。キミたちはそれを探しに来たが、同じくそれを狙うライバル帝国軍がいる。彼らより先に宝を手に入れられるだろうか?」

意訳すると…

人を寄せ付けぬ秘境“獣ヶ原”…その奥地には未知の神秘が隠されているという伝説が数多ある。その一つが“空を飛ぶ城”。大いなる力を秘めた古代の遺跡だ。具体的な目撃記録は無く、古い探検録のいくつかにのみその存在が示唆されている謎中の謎だったが、帝国軍はついにその所在を突き止めたのだ。空中艦隊を駆り大挙して空中の城へとなだれ込む帝国軍が、永い眠りから醒めたばかりの遺跡を蹂躙し始める。シャードに導かれたクエスター達は、己の目的の為、そしてミッドガルドを破滅から救う為、否応無しに戦いへと巻き込まれていく。

『アルシャードff』
「即興シナリオ・天かける城」

そして今、君は神話を超える。

…こんな感じかしらん。


参加したPCは以下のとおりです。

◆PC1:エルザ・デ・シーカ(PL:にょろ) 女性21歳 スカウト・ゾルダート
生真面目な性格の帝国軍将校。階級は中尉。いわゆる軍服美女。伝説のレリクスが眠ると言う空に浮かぶ城への到達任務を逸脱し、強大なロスとテクノロジー目前に野望をちらつかせ始めた上官に讒言して、休暇と称して遠ざけられ、退去する飛空挺ごと味方戦艦の主砲で撃たれ爆沈。暗殺されかかる。
「ふふふ…一方的に撃たれる気持ち…あんた達にも思い知らせてあげる!」
PLからは21歳にしてすでにバツ3だとか絶対ドSだとか散々いじられてたけど、基本的にすげぇかっちょいい人。パーティー内でも頭一つ飛び出た攻撃力を発揮して戦闘シーンでは鬼神の働きをした。またシーン毎のビジュアルイメージに特に目を瞠るセンスを発揮し、かっこいい演出を提供してくれた。


◆PC2:リーグ(PL:T.I) 男性19歳 ファイター・スカウト・エレメンタラー
反帝国活動家。帝国軍が血眼になって探している3000万ゴルトの賞金首。帝国軍のいるところならどこにでも姿を現す、80年代パンクロッカー装束の男。墜落した飛空挺からも無傷で脱出する不死身ぶり。スカウトというよりアウトローな雰囲気の男。今回はエルザにかつて受けた恩義を返す為に、彼女の行動に力を貸す。
「今回ばかりは死ぬかと思ったぜ…よっ、と…」
かっこ悪いことはかっこ良いこと。泥臭さこそ輝く栄光の源なのだ。今回はPLとしてシナリオ全体の背景イメージ、ネタ出しに言葉で言い尽くせないほど多大な貢献をした。今回のシナリオが楽しい物になった理由の大きな部分を彼の尽力が占めているといっても過言ではない。ネタの引き出しの多さにはいつもながら驚かされる。


◆PC3:キナ・サーウェ(PL:T381) 男性?歳 アルフ・ホワイトメイジ・ヴァグランツ
ぼろぼろの汚れたマントを頭からかぶった少年。ウィンカスターの街角で詩を歌って生活している薄汚れた浮浪児だが、うつむいた額を覆うフードの下、灰色の髪の間にときおり無色のレセプターがのぞく。その目はどこか空ろで、細く白い腕も力無い。彼は何かの理由で記憶のほとんどを封印されミッドガルドに残されたアルフの一人なのだ。そして今回のレリクスの正体である、アレフガルドへの転送装置の試作機の設計製作者の一人でもあった。
「行ってください…。ミッドガルドはもう人間の世界。私(アルフ)の居場所はここにはもうないのです…」
その封印された記憶は、運命に導かれてロハンの手に渡った緑石によってPLの都合に合わせ適宜開陳(アルフの特技デジャ・ヴュ)され、設定付けに理屈付けに辻褄あわせにと大車輪の使われ方w


◆PC4:ロハン(PL:高原秋/ゲスト参加)男性20歳 ファイター・サムライ
ヤシマから渡ってきた野心に満ちた若きサムライ。未来の夢は大きく天下統一。空飛ぶ城にあるレリクスの正規の制御キーである緑石を持って、その奇禍がもたらす行く末を見定める。PL1エルザとは好敵手として何度かまみえている間柄だが、今回は未曾有の危機に際して力を認め合うもの同士、背中を預けて共同戦線を張る。
「いいんだ。つらい時はそう言う風に助けを求めても、な」
今回キナが雛鳥の刷りこみのごとくなついちゃって、すそをつかんで後ろに隠れたりしてたお兄さん。最後はプレイヤーの希望に応えて、城と運命を共にしようとするキナをミッドガルドへ連れ戻してくれた。さいころ亭初参加の今回のセッションで、被保護者プレイに対して保護者プレイをきっちり返してくれるあたり、キャラクター演出メインのゲームへの適応力は並ならぬものがうかがえた。


(記録:T381)
スポンサーサイト



テーマ : TRPG - ジャンル : ゲーム

EDIT  |  22:47  |  アルシャード  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |