FC2ブログ
2020年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2006.09.03 (Sun)

9月3日定例会記録(1)

9月3日定例会、2卓のうちの1卓は、BowzさんのRLによるトーキョーN◎VA-Dのオリジナルシナリオ「人工知能は白い雪の夢を見るか(英題“Snow in the mute”)」でした。

N◎VAで多発する、ドロイド及びウォーカーの暴走事件──「止めてくれ」と嘆きながら人を殺していく人工知能たち。
木更津湖に建設された気象制御補助システム、バベルタワー。その裏に隠された黒い噂。
そして、N◎VAを救う為、と助けを求める少年ハッカー。彼が抱くは、悲しい決意。
一見関連性のない三つの事象が真実で結びついた時、常春の街を、降るはずのない雪が白く染めていく。

……と言う感じの、電脳フル活用の陰謀あり、切ない人間ドラマあり、そして最後は美しいハッピーエンド、という、トーキョーN◎VAの良いトコ総取りな、素敵なアクトだったのでした。
きめ細かなシナリオをご用意くださったRL・Bowzさん、どうもありがとうございました。

さて、そんなシナリオに挑んだ今回のキャストもご紹介させていただきます。

 “明王”不動 秋 カタナ●、カブト、レッガー◎ 30歳 女性  PL:神牙さん
藤崎組の食客である、任侠に生きる凄腕のカタナ。熱い魂とぶっきらぼうな優しさを持つ強い女。姐さんと呼んで慕う者も多い。
“明王”の異名は、背中に背負う不動明王の刺青から。

藤崎竜二に押し付けられた「子守」から、N◎VAを揺るがす大事件にいやおうなしに巻き込まれた秋姐さん。
クライマックスでの活躍もさることながら、何よりも助けを求めてきた少年ハッカー、ゆら君との関わりこそが、今回のアクトをハッピーエンドに導いた、大きな要因の一つであったでしょう。
また、RL氏の自ら語るとおり、登場人物に女性が極端に少ないこのアクトにおいて、ほぼ唯一の女性だったわけですが……ヒロイン? と呼ぶのを躊躇うこの心境は、一体何故なのか(苦笑)
(個人的には、ゆら君の立ち位置は女の子でも良かったんじゃないかと思いますが(笑))

 仁科 仁 イヌ◎、ニューロ=ニューロ● 26歳 男性  PL:M.Aさん
ブラックハウンド機動捜査課の凄腕ニューロ。その腕を見込まれてむりやり所属させられている為、勤務中もフリップフロップでネットゲームにつなぎっぱなし、と言う不真面目な勤務態度なのだが、それでも事件を解決に導いてしまう有能さこそが、彼の異動願いが受理されない不幸の理由であろう。
水窪カイトと言う熱血警官と長くコンビを組む。

ドロイド・ウォーカーの暴走事件の調査から、事件に関わる事になった仁科刑事。シナリオのキーパーソンであるカイトと良い相棒関係(仁科さんがボケで、カイトがツッコミ?)を成立させながら、電脳関係の情報を一手に引き受けて大活躍でした。
ハッピーエンドをシステム面から導いた(電脳神使用時の台詞、かっこよかったなあ~)、影の立役者でもあります。

“堕ちた猟犬”ロウヴァー=ラドクリフ フェイト◎、カブトワリ、イヌ● 25歳 男性  PL:緋月
元ブラックハウンド、現在は賞金稼ぎと二束の草鞋を履く私立探偵。犯罪と犯罪者を憎み、容赦なく2丁の愛銃の引き金を引く。
ひねくれ者の皮肉屋……少なくとも、そう見えるような言動を好む。

三田茂からの依頼で、「バベルタワー」を建設したBB社の社長の犯罪を暴くべく調査を行う事になったロウヴァー。
人情がらみのフックがない分、ゲストとの絡みは他の方にお任せして、情報繋ぎに自由に動き回らせていただいちゃいました。あえてタワーについて行かずにいたら、雪が降る美しいシーンを作ってもらえたりして、嬉しかったです。

初出の仁科さん以外の二人は、さいころ亭で稼動しているキャスト。
以前の記録にも顔を出していますので、そちらもぜひご参照願います♪

楽しいアクトを一緒に過ごさせてくださった、RL様、PL諸氏の皆様、どうもありがとうございました。

(記述者:緋月 八樹)
スポンサーサイト



EDIT  |  02:47  |  トーキョーN◎VA  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

*Comment

♪遅レス申し訳ないッス(--;)

まずは、緋月さん、アクトレポートありがとうございました


不動の姐さんの男前(?)っぷりは相変わらずかっこよかったッス
今度は強いライバルやかわいい女の子と絡ませたりしたいッスね(笑)

仁科サンの悪徳警官っぷりには、タランティーノ好きなオイラ的にものっそかっこよく写りました
やっぱりBHの捜査官はああでなくてわ(笑)

何より渋い所を押さえてくれたロウヴァーの70年代のアメリカンニューシネマ系の主人公っぷりに惚れました(笑)

相変わらずゴチャついたシナリオでしたが、皆さんの助けで素敵なお話になったと思います
感謝!
Bowz |  2006.09.12(火) 12:51 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |