FC2ブログ
2020年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2006.07.30 (Sun)

7月30日定例会記録(2)

今回は、私ことowlマスターをさせていただきました。
システムはブレイド・オブ・アルカナで、タイトルは「魔剣士たちの円舞曲」

魔剣。それは特別な力を有した武器の総称。
そんな魔剣の中に、数々の英雄の手を渡り歩いてきた魔剣があった。
こんかいは、そんな魔剣にまつわる話・・・。

敵対し合う二つの領地。
領主は領民を守るため、剣を取った。
その身に帯びるは、黒の魔剣。
暗殺者、は復讐のために、刃を振るった。
その身に帯びるは、白の魔剣。

運命に翻弄されるまま、男たちは戦い続ける。
雌雄を決する決戦へ向けて。
それが、破滅への舞台とも知らずに・・・。


こんな感じの話でした。

久しぶりの自作シナリオだったんで、色々不安だったけど、無事終わって一安心。
いつもおちゃらけ風味が強いおいらですが、今回は極々まじめに進められたのも、個人的にはポイント高いっす。
個人的にも上手くいったかな?なんて思ってたりしますが、参加者の皆さんはどうだったかな?


ちなみに、参加してくれたナイスガイ達は以下の方々

◆ラディ(PL:Bowz)
エステルランド王国の兵士。
ブレダとの戦いを目前に控えたこの時期に、出兵を拒否したシュライヒャー卿を説得しに、彼の納めるアイゼンヴァント領へと向かうことになる。
ちなみに、シュライヒャー卿とは旧知の仲。

◆ブラッスルー(PL:T・I)
流れの傭兵。リューデスバーデンのトーナメントの優勝経験があり、最強の騎士の称号を持つ歴戦の騎士。
たまたま立ち寄ったアイゼンヴァントにて、旧友のエリックと出会う。
エリックの頼みを皮切りに、争乱へと巻き込まれることになる。

◆クロヴィス(PL:T381)
少年の面影を残す人狼の少年。
育ての親を殺戮者に殺された経験を持つ。
敵である殺戮者が持っていた剣と同じものを、アイゼンヴァント方伯が持っていると聞き、アウゼンヴァントへやってくる。

◆シュマイツェル(ニョロ)
各地を放浪する森人族の医術師。
たまたま立ち寄ったアイゼンヴァントの街で騒動に巻き込まれる。
その裏には、親友を殺戮者へと落とした魔神の影があった。

◆アルトゥル(M.A)
黒騎士配下の密偵。
熱心な信教の使徒でもある。
主である黒騎士の命を受け、暗雲渦巻くアイゼンヴァントへと向かうことになる。



以上!
ありがとーございやした!
スポンサーサイト



EDIT  |  04:33  |  ブレイド・オブ・アルカナ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

 面白かったですよー、いかにもブレカナという雰囲気出てましたし。
 多少途中でシリアスが切れたのはご容赦を(笑)。

 バランスに関しては、うん、フルキフェル3枚はないですな、PC5人もいて、防御系やまほどある状態は色々ひどいですね(笑)。
M.A |  2006.08.02(水) 23:12 |  URL |  【コメント編集】

うぃっす
遅レス申し訳ねーッス
ラディで参加させて貰ったBOWzッス\(^^)

owl兄さん、お疲れっしたm(__)m
大きくボケ崩れる事もなく終ったので、
今回のアクトの目標でもあった「真面目なシナリオ」は達成されたのではないでしょか?(笑)
つか、確にPC側の奇跡のラインナップは非道な感じがしやしたね(^^;
最後の方はオラオラでしたからね(爆)

ブレカナ3rdはエピックルールがあるんで、ちょこちょこ動かしてれば他のキャストと数年振りの再会プレイとかが楽しめそうですね(笑)ナンダソリャ…
BOWz |  2006.08.08(火) 20:12 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |