FC2ブログ
2020年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2013.04.08 (Mon)

4月7日定例会1卓目

4月7日定例会の1卓目は、NEZ氏GMのメタリックガーディアンでした。
新作の、ロボットモノのシステムです。
GMの試運転的セッションを、皆で楽しんでいらしたようです。
詳しい内容の追記がありましたらよろしくお願いします。

(文:すずねこ)
スポンサーサイト



EDIT  |  12:03  |  メタリックガーディアン  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

*Comment

♪GMより、魂を込めて

どうも、NEZです。

新作のTRPGメタリックガーディアンでした。詳しい説明などはメールなどでしたので割愛。
シナリオはルールブック記載のサンプルシナリオでした。参加してくれたプレイヤーと彼らが生み出したキャラを紹介していこう。

PC1 鋼スズリ PL:にょろ氏
15歳。男性。高校生。
祖父よりスーパーロボットを託されテロリストに拉致された友達を助ける為に戦いに加わる。両親は既に他界。遺言として「普通に生きろ!」と言われている。その遺言というか遺志に従ってくったくなく生きている。
だが、その実態は祖父により、彼の作り出したスーパーロボット「クロームレイザー」の生態コアと言うか制御ユニットと言うかパイロットにするために生み出した人造人間。その事実をスズリは知っており、祖父の事は嫌っていた。人造人間故に色素は薄い。要はアルビノ。
彼の駆るガーディアンは「クロームレイザー」と言う名のスーパー系。シャープなフォルムにクリスタル等を連想させる透明な装甲。必殺技を使ったり、スズリの感情が昂ると装甲の色が変わる。空間を跳躍出来る能力を持つがまだまだ謎の多いガーディアンである。

PC2 神楽イスズ PL:MK氏
24歳。女性。カヴァーは高校生。
典型的な日本人的な外見を持つ。幼い頃より戦場での戦い方を叩き込まれているプロ。最近、フォーチュンの凰市支部に配属。小柄な体格であったため高校生の制服支給され、ピッタリ似合っていたため高校に潜入捜査という名目で通う事になる。外国の部隊にいた頃はその外見からマスコット扱いされていた。当人は軍服の似合うクールな美女だと思っていたらしい。また、細かい揺らぎ等が許せない性格であり軍人気質。因みに階級は少尉
彼女の駆るガーディアンはライトニング級。その名は「叢雲・弐式」。フォーチュンなどで試験的に運用されているライトニング級でありその叢雲シリーズの2番型、故に弐式。豊富な実弾武器が搭載されている。だが、彼女自身が小柄のため宛がわれたガーディアンがライトニング級だった、と言うだけなのだが…

PC3 黒騎士 PL:ハグレ氏
年齢は不詳。性別は男性。カヴァーも黒騎士。
本名はホムラ。魔法王国レムリアに仕える騎士であり、もともとレムリアの存在していた次元の「日本」に近い文化を持つ国の出身。黒騎士とは女王の密命を受けて任務を遂行する言わば公儀隠密。帝国のエースパイロットに敗れ、レムリア王家の秘宝を奪われてしまう。その敗北、失態を恥黒いフルフェイスのマスクを被っている。服装は甲冑にマント。色は勿論、黒。マスク(ヘルメット)の襟足から銀髪が覗く。秘宝を追い凰市へとやってくる。
彼の愛機の名は「ワルス・ギルス」。彼用に特別にチューンナップされ、漆黒に塗られたファンタズマ級のガーディアンである。

PC4 ファランクス・リンク PL:宿木氏
26歳、男性。カヴァーはイズモ防衛隊員。
階級は大尉。純粋なイズモ(日本)人だが、外見はアメリカ系。16歳くらいから戦場に立ち続けている歴戦のパイロット。スズリの祖父を恩師と仰ぎ、戦争根絶を目指し日々戦場に立つ。凰市に現れた奈落獣との戦いで部下を失うも、フォーチュンに協力し奈落獣討伐の指揮を採る事になる。同時に恩師から孫であるスズリの事もたのまれる事に…
彼の機体は「メビウスGP-01」。量産型ガーディアンであるミーレスと呼ばれる機体。量産型であるミーレスは本来ならばガーディアンの持つ絶対的な力、加護を持たないがファランクスの様な「ベテラン」達にはその力使えるのだ。(経験から来る機体運用技術などのため)


キャラ紹介はこんな感じでしょうか?PLの皆さん何処か間違っている点があったらスイマセンm(__)m
ロボものを主に要は「お約束」を皆で踏んで行きました。ロボものの知識格差という一番の懸念事項がありましたが、世代的にもロボものに疎い宿木氏も十分に愉しんだ様子。
うじうじしているスズリをイスズが、大尉が、おまけに黒騎士までもが発破を掛けて行く見事な展開。
エラッタを見逃していたためチュートリアル戦闘で一部の敵が3倍の数になってましたが何とかなりましたね。でも、結局クライマックスの戦闘の敵の数は変わらなかったみたいダゼッ!
結果として、超面白いセッションでした。
今思うに、やっぱり重要なのはPC間のやりとりであり、ロボ部分はそれのスパイス程度に認識すればいいのかな(勿論、シュチュエーションなどは様々ですが)?と思いました。やっぱり、お約束は大事ですねw

参加した皆様、お疲れ様でした。今度はキッチリとキャラを作ってプレイしたいですね。
NEZ |  2013.04.08(月) 14:52 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |