FC2ブログ
2020年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2010.01.19 (Tue)

1月17日定例会1卓目

1月17日定例会の1卓目は、イブン=シーナ氏GMのSW2.0でした。
GMが開始時に北○の拳の世界と仰っていましたが、
どういうシナリオか解るようで解らない絶妙な喩えだと思います。

詳しい記事を書いてくださる方がいましたら、宜しくお願いします。

(文:すずねこ)


―――――――――――――

いつも閲覧専門のナギです。
今回は珍しく活動記録書いてみたいと思います。
違ってたら修正お願いします>参加者の皆様

いつも登録してくれるすずねこさんに感謝です。
いやホントに。


マスターはイブン=シーナ氏で、シナリオはSW2.0の『希望の火種』
参加したのは以下のメンバーです。

◇PC1 カーチス PL:ゲストT氏
32歳人間の戦士キャラ(♂)。
戦闘では敵を引きつけ、相手の攻撃を避けつつツーハンドソードで殴る殴る。
街中でも的確に判断をしてくれる、いろんな場面で頼もしいキャラ。
大活躍過ぎて、NPCにもすでに有名人でした(笑)

◇PC2 フィレオ PL:MK氏
19歳ナイトメアのプリースト(♂)。
…のはずが、いつの間にか自分の店を持つことを夢見るただの野心家に。
ニールダを信仰しているのいけないのか、はたまた交渉相手が盗賊ギルドメインなのがいけないのか。
戦闘では主に回復役だが、メインの回復相手は自分だったような(しかも回復しきれず倒れた場面も)
カーチスを兄貴と慕う。

◇PC3 ユリィ PL:ナギ
稼動年数10年のルーンフォークのマギテック(♀)。
2年前に主人が亡くなったとき「世界を見て来い」との遺言を受け、冒険者に。
プレイヤーとしては良くしゃべったが、キャラクターとしてはほとんど喋らなかった(気がする)。
「精密射撃」を取らないノーコンキャラにしようと思ったが、以前ノーコンキャラにひどい目に合わされているMK氏により阻止される。


シナリオはGM曰く「(007+メタルギアソリッド)÷2」。
街が蛮族に占領されてしまったので、内部のレジスタンスに手紙を渡して欲しい。
そして出来れば街を開放する手伝いをして欲しい、というものでした。
内部組織も複数あり、どれとどれをどう協力させるか、がキモだったきがします。
交渉部分は主に自分以外の2名に大活躍していただきました(ぁ


今回の教訓
1.情けは人の為ならず
  (困ってる人がいたら、見捨てるのはやめておこーぜ)
2.敵が人材募集していたらとりあえず応募してみよう


潜入ルートや街の開放方法も複数選択肢があり、ユーザの動き次第でどうとでも転がるシナリオだったと思います。
戦闘も良いけど、こういうシナリオも楽しいですね。


スポンサーサイト



EDIT  |  00:40  |  ソード・ワールド2.0  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

先日は、ありがとうございました。
投稿はこれで良いのでしょうか?

今回のシナリオは、シティアドベンチャーで、極力戦闘避け、町に潜入しレジススタンスや神殿、盗賊ギルドと連携し町を開放すると言う感じで話が進みました。
個人的に非常に好きな展開でした。その割りに戦士をしてましたが。

基本、袖の下、だまし討ち、など悪漢パーティと言う感じで話が展開したと思います。
特に、戦士の個人的な判断ミスで、命乞いする相手に武器を捨てさせてから不意打ちを警戒して倒したところは、われながら酷いと思いました。

最後に、ルールの把握に戸惑い、キャラ紹介すらまともに出来なくて失礼しました。
また、よろしければ混ぜてください。
ゲストT氏 |  2010.02.06(土) 18:34 |  URL |  【コメント編集】

♪こちらこそありがとうございました

ナギです。
先日はありがとうございました。

>投稿はこれで良いのでしょうか?
バッチリです!

ゲストさんと同じ卓を囲むと毎回ドキドキするのですが、楽しんでいただけたようで何よりです。
私のプレイヤースキルが低いために、交渉や作戦立案では役立たず状態で、申し訳ないです。

>最後に、ルールの把握に戸惑い、キャラ紹介すらまともに出来なくて失礼しました。
>また、よろしければ混ぜてください。
こちらこそ、楽しいセッションをありがとうございます。
またご一緒出来るのを楽しみにしています。
ナギ |  2010.02.08(月) 14:20 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |