2012年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2012.01.30 (Mon)

1月29日定例会3卓目

1月29日定例会の3卓目は、owl氏GMのナイトウィザード2ndでした。
久しぶりに動くシステムのような気がします。
ギャグシナリオだと宣言なされていたのですが、
どれだけトンデモな話になっていたのかが気になりますね。
詳しい内容の追記がありましたらよろしくお願いします。

(文:すずねこ)
スポンサーサイト
EDIT  |  03:33  |  ナイトウィザード  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.01.30 (Mon)

1月29日定例会2卓目

1月29日定例会の2卓目は、T・I氏GMのマギカロギアでした。
シナリオ名は「さよなら、ネバーランド」です。
参加PCは以下の三人。

□かりそめの名:木崎真琴 /魔法名:ブリング・ザ・ノイズ PL:Mk氏
♀ 17歳 表の顔:女子高生/DJ
第四階梯 経歴:訪問者 機関:戸口(ポータル)
真の姿:白拍子 効果:魔素放射 魂の特技:リズム

様々な経験を経て第四階梯へと登った訪問者。
ではあるが、まだまだ人間臭さを残しており、
災害に巻き込まれた人の心を守ろうと奔走する。
また、現在は人間世界との調整役である戸口へと所属している。

□かりそめの名:芹那ノア /魔法名:白銀の竜 PL:NEZ氏
♀ 17歳 表の顔:女子高生
第三階梯 経歴:書工
真の姿:白銀の鱗の竜 効果:魔力開放 魂の特技:理

今回の事件より協力することになった、推定実年齢500歳の魔法使い。
常に余裕の笑みを絶やさず、どのような相手ともフレンドリーに接する。
冷酷な判断をしがちな保坂と、リーダーの自信がない木崎の間に立ち、取り持つ。

□かりそめの名:保坂理緒 /魔法名:デュロッセル PL:すずねこ
♀ 24歳 表の顔:図書館司書
第三階梯 経歴:書警 機関:猟鬼(サイプロクス)
真の姿:メタリック光沢の人型 効果:魔力開放 魂の特技:秩序

攻撃特化の魔法使い。行動は基本サーチアンドデストロイ。
しばし六分儀市を離れていたが、左目を代償に猟鬼へと所属して戻ってくる。
性格はきつく、冷酷。魔法災害を食い止める為なら人の命すら切り捨てる。

□あらすじ
ゲームセンターに入りびたる何やら事情ありげな少女。
六分儀市では子供たちが目覚めないという怪異が起きていた。
夢、そして心に付け込む禁書を回収すべく魔法使いたちが動く――

といった感じでしょうか。
すごくシリアスでマギロギらしいシナリオだったと思います。
また同じPCを使ってセッションしてみたいですね。
GM、PLの皆様お疲れ様でした。

(文:すずねこ)
EDIT  |  03:30  |  マギカロギア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.01.30 (Mon)

1月29日定例会1卓目

1月29日定例会の1卓目は、nyoro氏GMのネクロニカでした。
プレイヤーをやりたいというT381氏の為に立てられた卓です。
エッジな世界観のシステムですが結果は如何に。
詳しい内容の追記がありましたら、宜しくお願いします。

(文:すずねこ)
EDIT  |  03:30  |  ネクロニカ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.01.17 (Tue)

1月15日定例会3卓目

1月15日定例会の3卓目は、月夜鳴氏GMのアリアンロッドでした。
これは2Eの方だったのかな。
PL3人でどんな結果になったのか。是非聞いてみたいところです。
詳しい内容の追記がありましたら、宜しくお願いします。

(文:すずねこ)
EDIT  |  01:45  |  アリアンロッド2E  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2012.01.17 (Tue)

1月15日定例会2卓目

1月15日定例会の2卓目は、T・I氏GMのマギカロギアでした。
まさかのさいころフィクション二つ並び!
初めての方が多かったから、サンプルシナリオをやった……のでしたっけ?
盛り上がっていたようで何よりです。
詳しい内容の追記がありましたら、宜しくお願いします。

(文:すずねこ)
EDIT  |  01:44  |  マギカロギア  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2012.01.17 (Tue)

1月15日定例会1卓目

あけましておめでとうございます。
1月15日定例会の1卓目は、私すずねこのシノビガミ怪でした。
シナリオタイトルは「黄泉路はいと暗く」です。
セッション中に一度も言ってないけど、そうだったんです!

シノビガミというシステムは、平たく言えば忍者になるゲームです。
怪では地獄門が破壊されて妖魔が現代社会に蘇ったという、
伝奇色の強いシリーズとなっております。

今回のシナリオのあらすじは以下の通り。

鞍馬神流の流派に属する切名浩一(PC1)。
彼は妖魔との戦闘中、突然意識を失った。
気がつけば目の前には相棒であり大切な女性であった三園百花が足元に倒れている。
その喉には彼の使っている刀が突き立っていた。
彼女は何かを言い残そうとするが叶わず、命を落とす。

切名の心に浮かぶ決意。
それは黄泉路を下る彼女を追いかけること。
イザナミを求めたイザナギのように。

そんな彼の元に三園百花と幼馴染であり、共に戦ってきた滝川クリス(PC2)が合流する。
彼女は切名に疑念を抱くが、それでも協力すると申し出て、共に旅立つ。

対し、T市山中にある岐神一族が守る神社では、当主である岐神朔夜が
黄泉と現世を別つ岩である、道返の封印に迫る危機を予知していた。
後継者である猿飛栞(PC3)を呼び出し、街の警戒を強めるよう命じる。
ほぼ同時刻、私立御斎学園より遣わされた早乙女真(PC4)が、岐神神社を目指していた。
岐神一族に助力すると名乗り出た彼の真意とは。

四人の忍が集い、願いを巡る因縁の戦いが始まる――


と、いつもと違う感じであらすじと紹介を混ぜてそれっぽく書いてみました。
PC同士がぎすぎすしつつも、情報を抜いていけば事情が見えてくるよう心がけて組んだシナリオでした。
結果は、あり、というところでしょうか。
怪シリーズは共通の敵がいる分落としどころを作りやすく、
プレイヤーの皆様も比較的やりやすいのではないかな、と思います。
むしろもっと鬼畜な展開でいいのかなぁ。

参加して下さった方々ありがとうございました。
いいシステムだと思うので、皆様にも親しんでもらえるようまたネタを温めておきます。

(文:すずねこ)
EDIT  |  01:44  |  シノビガミ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |