2011年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.08.14 (Sun)

8月7日定例会3卓目

3卓目は前回に引き続き、米産モダンホラーTRPG「ワールド・オブ・ダークネス」。



題材も前回同様、超常サスペンス・ホラー
凄まじいゲリラ雷雨が公民館を襲う中でのセッション。雰囲気は上々。


二回目となる実験セッションに参加いただいた面々は・・・



●獅堂あまね(演者:にょろ氏)

25歳、女性、刑事。美徳は「正義」、悪徳は「貪欲」。
本庁の一課に所属するいわばエリートだが、職務としての目的より、自身が抱える情動(美徳や悪徳)が先走る傾向がある。
かつて強盗犯を追跡中、身体中を刃物で刺され生死をさまよった経験が、心的外傷化している模様。
その古傷の痛みは、超常現象に触れる度彼女を苛み続けている。
主な超常能力は、身体機能の飛躍的向上。



●二条あかね(演者:つき氏)

16歳、女性、高校生。美徳は「分別」、悪徳は「憤怒」。
都内の進学校に通う物静かな少女。
かつて大病を患った際の後遺症から、車椅子での生活を余儀なくされている。
引き換えに彼女が得たのは、強力な念動力と空間干渉能力。
しかしそれは、無意識下に抑圧されている破壊衝動(悪徳参照)の顕現でもあった。
燐粉を放ちながら妖しく舞う蝶の幻影。彼女がそれを見ると、決まって周囲に不可解な事件が起こりはじめる。



●雨宮瑞大(演者:T381氏)
26歳、男性、ライター。美徳は「信念」、悪徳は「怠惰」。
7月10日の実験セッション一回目から引き続き登場。背景設定の詳細はそちらにて。
異常にタフな姉御だったりキャリー系超能力少女だったりする他PCに比すれば、サイコメトリを主能力とする雨宮は一見地味である。
だが今回はその能力故に、「敵」からの注意を最もひき易いのではないか?という演出プランを構築。
結果、「知り過ぎた男」的立ち位置をゲット、大きな危機を演出し一座を盛り上げた。



事実を元に、誤解されたり誇張されて生じた噂や都市伝説が、超常的なものの関与から現実化する、というペルソナ2等でお馴染みのシナリオプロット。ベタ。

「敵」の正体や、その背景になり得るフックを数個用意し、敢えてストーリーテラー(GM)は事前に真相やオチを設定しなかった今回。

終盤までの流れを参考に、プレイヤーとストーリーテラーがしっくり来る真相・オチをでっち上げる、メタ視点を使ったシナリオプレイ。

結果、血みどろの惨劇、「敵」の(それなりに)意外な目的、解決はすれどビターな後味が残る結末、と押さえるべき所を全員で押さえた形で終了。多謝。




なお、プレイ中期せずして生まれた新たな日本語「くらこん」。
さいころ亭新語流行語大賞にエントリーしておきます。



(T.I)
スポンサーサイト
EDIT  |  01:13  |  ワールド・オブ・ダークネス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |