2006年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2006.04.16 (Sun)

4月16日定例会記録

この日はT・I氏のGMで、アリアンロッドでした。
スポンサーサイト

テーマ : TRPG - ジャンル : ゲーム

EDIT  |  12:11  |  アリアンロッド  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.04.02 (Sun)

4月2日定例会記録(1)

 4月2日の定例会、一卓はRL法条の我侭な主張によりプレイヤー二人、しかも先だって参加者を指定させていただいたうえでのトーキョーN◎VAでした。
 我侭な条件を許していただきありがとうございました。おかげでいつになくやり易いRLをさせていただくことができました。

 さて、そんな条件で法条が行ったアクトは『日常生活』という、捻りも何にもない話。内容もまたタイトルに相応しく、享楽と退廃の街トーキョーN◎VAにおけるストリートに、今日も巻き起こる日常生活のような、くだらなくて馬鹿馬鹿しい物語。

 見栄っ張りで臆病なちんぴらレッガー恩田誠司と、トーキーになる夢に破れ身体さえも売るようなホステスになり、そしてドラッグに捕まったマネキン島田茜。
 ふとしたことから、若頭の目を盗んでドラッグを手にした恩田は、それを持ってトーキョーN◎VAを逃げ出そうとした。
 恩田のドラッグから離れられない島田茜は、ただただドラッグ欲しさだけのために身体を売り、金を巻き上げ、捨てられるとわかっても盲目したかのようについて回る…。
 だが、安っぽい欲望に流された男女の元に、運命の輪が回り、二人のキャストの手が迫り…。

――参加して貰ったのは二人のキャスト。

“ブラッディ”メアリー(Ver.ダーク) PL:神牙さん
カブト◎●,カタナ,チャクラ
 当初、今回のアクトで神牙さんに推奨したスタイルはレッガー。内容的には兄貴分から命令を受けて、逃げた馬鹿を捕まえて落とし前をつけろ!がモチベーションだったのですが…。そういう意味では本来のメアリーのスタイルとは正反対の立ち位置。しかし、私は敢えてOKを出しました。
 その理由は簡単で、つまりはそういうスタンスのキャストの方が神牙さんはプレイがしやすいのだろうと考えたからです。推奨スタイル、ハンドアウトという手法が一般的になっているし、それ自体は使えるテクニックだとは思うのですが、私のN◎VA経験上、RLの都合でキャストを用意してもらうというやり方にむしろ慣れていないため、プレイヤーの前向きな主張があるなら、それを重視した展開にしようというのが私の考えでした。
 そんなわけで話の展開は多少強引な部分もありつつ、無難に解決はしてもらいました。

“堕ちた猟犬”ロウヴァー・ラドクリフ PL:緋月八樹
フェイト◎,カブトワリ,イヌ●
 ロウヴァーに関しては、まあPLも古くからの相棒緋月なので、事前にかなり具体的なキャストについての話を聞いた上で、ロウヴァーというまだ新しいキャストのイメージをアクトの中でいかに表現してもらうかというのがこのアクトのテーマでもありました。
 そういう意味ではこれまで今ひとつはっきりしなかったキャストの個性も『皮肉屋』という顔を見せ始めることができた、RLから見ても感じたのでその部分は上手くいったのかなぁと思いました。

 今回のアクト、RL法条には一つ大きなテーマがありました。
 それはシナリオを作りこまない、です。
 どのくらい作りこまないかというと、ゲストデータを除けばB5のノート一枚で余る程度の情報――ゲストの相関図と、簡単なイベントメモしかありませんでした。
 もちろん話の規模を小さくしてある(キャストが少ないのもその一つ)ので、必然的に情報量も少なくはなるのですが、それでも例えばSSSなどのオフィシャルシナリオの作り方と比べたら10分の1にも満たない量でしょう。
 これは怠慢というわけではなく、かなり意図した行為でした。

 小説を書くとき、時に作者の意図を離れてキャラクターが勝手に動き、勝手に喋りだすということが起こります。TRPGなら、最初からPLがいるのでキャストは勝手に喋ってくれる。紡ぎ手としては舞台を用意すればいいのだと、私はそう思ってRLをしています。
 もちろん、そのためには熟成したキャストと、それを共有するプレイヤー間の共通認識が必須ではありますが、それが可能な状況さえ作れば敢えて細かく造りこまずとも魅力的な物語は作れると私は考えています。

 今回も、神牙さんと緋月の二人ならそれができると思って、実行しました。
 少なくとも私はそれでうまく言ったと、RLの手を離れ、魅力的な物語を紡いでくれたとそう感じました。
 本当に感謝してます。

 そういうアクトがやりたかったのです。キャストが、それを操るプレイヤー自身が物語の紡ぎ手として参加者全員を魅了しあうような、そんなアクト。
 もっともっと、そういうアクトが作れたら幸せだろうと法条は思っています。

 参加してくれたお二人、そして我侭な状況を許していただけたサークルメンバーに感謝します。

記録者:法条大地
EDIT  |  20:41  |  トーキョーN◎VA  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2006.04.02 (Sun)

4月2日定例会記録(2)

2卓目は、おうる氏のマスターでアリアンロッドでした。

テーマ : TRPG - ジャンル : ゲーム

EDIT  |  12:15  |  アリアンロッド  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |