FC2ブログ
2006年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2006.02.05 (Sun)

2月5日定例会記録(1)

 2月5日の定例会、一卓はあかつきやつぎ氏によるトーキョーN◎VA The Detonaiton「ネオメロドラマティック」でした。

 テーマはシェークスピアの名作『ロミオをジュリエット』。
 出会うべきではなかった二人が出会い、愛したが故の悲しい物語。災厄の街に蘇る古典の名作は、同じように悲劇を繰り返してしまうのか――

 アクトトレーラーは下記の通り。

「逃げようか、君の望むままに」
 ロミオの言葉を信じて、バルコニーのごとき高みから、
 ジュリエットはその身を投げた。

 自分の想いを少しずつ、欲望の街に喰わせていくロミオ。
 助けてと、声なき声で叫び続けるジュリエット。
 それでも彼らは、幸せになろうともがき続けるのだ。
 まるで、遠い昔に廃れてしまった、メロドラマのように──

 トーキョーN◎VA The Detonetion
「ネオメロドラマティック」
 この物語を悲劇にさせないために、運命の扉は開かれる。
 

――参加キャストは以下の通り。

武者小路眞太郎 30歳
カブト◎●,チャクラ,マヤカシ
PL:神牙さん
 期せずして武者小路&菊花というコンビであかつき氏のRLという同じ状況になったのは天の采配か。今回も悲劇のヒロイン、ジュリエットに出会い彼女を守る現代の騎士。いつもの来来軒のバイクから二人乗りのハーレーに乗り換えい見事にチェイスを逃げ切って見せると、次々と襲いくる正体不明の襲撃者から記憶喪失のお姫様を守りきる。
 最後は悲しい宿命を背負った少女達も救いだし、RLも驚愕のハッピーエンドを演出しました。

“鋼” 33歳
カブト,クグツ◎,カブトワリ●
PL:法条大地
 どこにでもいるクグツ。どこにでもいる裏の仕事人。心をすり減らすことになれた彼の今日の仕事はかつての同僚“吊るされた女”マリア・スミスの捜索だった。
 今の彼女が仕えるエグゼク、カトウトキオが描いた物語は乾いた心には理解しきれない愛と言う名のストーリー。マリアに触れた肌の感触にかすかに震える心を覆い、静かなスナイパーは確実に獲物を定めていく…。

菊花 25歳
バサラ,ミストレス●,フェイト◎
PL:pomeさん
 相棒(バディ)ものは互いに活かされることでその価値を何倍にもできる。個人ではこなせない依頼も二人なら十分以上。もとより十分の実力者が組めばどんな難題でも形無しです。
 そんなわけで看板を出していないことに気づいていない、とっても有能な菊花さんに依頼してきたのはかつての知り合い、千早の重役カトウトキオ。行方不明になった妹の捜索は菊花の直感をくすぐるちょっときな臭さ。
 武者小路さんが連れてきた少女に依頼の妹の物陰を見た菊花が選んだ行動は…。

“輝”HEXA 年齢不詳(20代後半位?)
ヒルコ●,フェイト◎,チャクラ
PL:法条大地
 中華街をふらふらとする探偵ヘキサを誘ったのはずいぶんと自信たっぷりの少女だった。多少若すぎるのはひっかかるが、まあかわいいのは事実だし…。いつものように女の子の依頼を断れない探偵が頼まれたのは一人の少女の捜索だった。だが、何気ないような少女の言葉に抗いがたい衝動を感じ、違和感を抱きつつも約束のデートのために翼持つ自由人は軽快に動き出した。

 さてさて物語はオーソドックスな形式ながらどんでん返しも用意された見事な展開でした。ですが、それ以上に楽しいのはやはりバディを組んで活躍した二人でしょうか。見事な掛け合いと、素晴らしいセリフで物語を描き出してくれました。もっとバディとして経験を積み重ねていけるともっと楽しくなるんじゃないかと思います。
 ストーリーもさることながら、キャストの繋がりによって形作られるキャンペーンはN◎VAの賢い遊び方の一つだと私は思っていますのでまた是非二人にはバディコンビとしてやってもらいたいですね。

 参加PLの方々、そしてRLあかつき氏に感謝したいと思います。
 楽しいアクト、ありがとうございました。

(記録者:法条大地)
スポンサーサイト



EDIT  |  20:16  |  トーキョーN◎VA  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑
 | BLOGTOP |