2005年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2005.11.27 (Sun)

11月27日定例会記録(1)

 11月27日の定例会はBOWZさんによる「トーキョーN◎VA The Detonation」のオリジナルシナリオ「Autumn leafs on the street――街角の枯葉」でした。(英題間違ってたらごめんなさい)

 ジャズをテーマに、次々と殺されていく関係者。その裏には災厄前から存在する伝説の楽器の姿があった…。というような、今回も渋くまとまったシナリオでした。

 参加キャストは以下四名。

1、美作 九郎 34歳
フェイト●,レッガー,トーキー◎
 かつて見た天才サックス奏者ブルーノートリリー。行方不明になったはずの彼女がN◎VAに戻ってきた。だが、再び出会った彼女はあの頃とはどこか違う面影と、そして事件の臭いを引き連れていた…。
 そんな感じの1枠は渋くカッコイイ大人のトーキーでした。膨大な情報量の中で一生懸命に話をつなげてくれた、プレイングとしても渋く大活躍の美作さんでした。

2、神城 和葉 16歳
クロマク,クグツ◎●,マヤカシ
≪腹心≫永遠の剣 アヤカシ◎,ミストレス●,カブト
 かつてCMEに所属していた名プロデューサー日比野良平。スキャンダルと共に行方不明になったはずの彼が再びN◎VAに舞い戻ったという。過去を引き連れた彼を求め後方処理課が動き出す。
 2枠はなんと16歳の受付嬢にして伝説の魔剣“永遠の剣”に魅入られし和葉さん。普段はいかにも女子高生な感じにも関わらず親の借金に縛られ、魔剣の使い手として利用される彼女は一度仮面をはずせばやはり後方処理課の一員として表との対比を見せ付けてくれました。

3、“綺譚堂”サカイ=ハザマ ?歳(20代?)
バサラ●,タタラ◎,チャクラ
 今日もお客のいない古道具屋にかかってきた連絡はナイト・ブレイドの知己であるアルフォンヌ・ティカッチノからのもの。アヤカシを刈る側にありながら情にも厚い彼の頼みはN◎VAにやってきたらしい一人のアヤカシ少女を探してほしいというもの。
 乗り気になれずも動いてしまうのは生来のお人よしゆえ。サカイは結局そういう男なのだ。それを見越して頼む知己の言葉に断れるはずもなく…。
 3枠はいわく付きの呪物を扱う綺譚堂の雇われ店主サカイ=ハザマ。そして個人的には私のキャスト国間達也のアニキ分でもあり、アクト中も中盤以降にはいい相棒になってくれていました。

4、“野生の獅子”国間達也 18歳
カブト(◎),カタナ◎,チャクラ●
 ある日、自宅に戻った彼の家の扉の前には不思議な少女が待ち構えていた。友人ジョニー・A・ロリンズから頼まれた少女の護衛にしぶしぶながら乗った彼を待っていたのは予想外の襲撃。そして否応無しに巻き込まれた彼もまた物語の波に飲み込まれていく…。
 4枠は少女の護衛から始まるホットスタート。普段なら割と1枠にでも慣れそうなオープニングを国間達也で演じさせていただきました。

 全体を通してジャズに関わるゲスト達が織り成す渋みのあるストーリー。シナリオ構成もいつもながら圧巻の丁寧さですごいなぁと思います。
スポンサーサイト
EDIT  |  22:14  |  トーキョーN◎VA  |  TB(0)  |  CM(16)  |  Top↑

2005.11.27 (Sun)

11月27日定例会記録(2)

2卓目は、サークルメンバーのT.I氏によるマスターで、
扶桑武侠傳のシナリオをプレイしました。
EDIT  |  12:30  |  扶桑武侠傳  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2005.11.20 (Sun)

11月20日定例会記録

11月20日の定例会は、M・AさんのGMによる、アリアンロッドのサプリメント「ドレッドダンジョン」掲載のシナリオ「伝説への入り口」でした。

えーと、記述者がアリアンロッドの設定等をさっぱり知らない為、シナリオの概要を説明していただいても良く飲み込めなかったのですが(苦笑)、内容としては古代都市へとつながる新しいダンジョンが発見された為、古代都市へのルートを確立するためにそこを探検する、と言うダンジョンがメインのシナリオでした。
新たなダンジョンに挑んだのは、ギルドマスター・ロンチャが率いるギルド「パワード・ジャスティス」! ……ただし、以前の冒険(05年7月10日の記録をご参照下さい)の時のギルドメンバーが、一人も残っていないという、なんとも素敵な状態。

そんな仲の良い(苦笑)、「パワード・ジャスティス」のメンバーは、以下の通りです。

 ●グレック シーフ=ガンスリンガー 18歳 男性 ヒューリン
2丁拳銃で遠距離・近接問わずにバリバリ戦う、シーフにしてギルドの撃墜王。特に美味いモンスターにめっぽう強く、カニを相手にしたときの鬼のようなクリティカルには感動すら覚えるほど。
カウボーイハットがトレードマークで、見た目イメージはエル・マリアッチ(PC談)。
 ●リップル ウォーリア=ウォーリア 16歳 女性 ヒューリン
何かやらかして傭兵団をクビになったらしい、元傭兵の女の子。本当なら戦闘担当のはずなのに全く役に立っていなかったのは、ウォーリアなのにモーニングスターを使っていたせいか、はたまた感動的なまでに連発したファンブルをはじめとする低い出目のせいか。
 ●ヨン アコライト=ウォーリア 男性 ヒューリン
名前の後になぜか自動的に「様」と付く、人呼んで「微笑みの奇行子」。メンバー6人いるのになぜか唯一のアコライトで、回復・防御はもちろん戦闘にも大活躍。静かなピアノ曲をBGMにきらきらと光るエフェクト付きで微笑みながら敵を撲殺する様は、素敵としか言いようがない。
(すみません、年齢メモるの忘れてました。どなたかちゃんと記録してる方いらっしゃいましたらお願いいたします~……)
 ●ロンチャ シーフ=バード 18歳 女性 フィルボル
「パワード・ジャスティス」ギルドマスターにして、唯一の持ち越しキャラ。人望のなせる業なのか、なんなのか。口は悪いが良いまとめ役だと思うのだけど。ダンジョンでは後述のメガ=ザワをお供に常に先行し、パーティーの安全をマスター自ら守って大活躍。
 ●メガ=ザワ ウォーリア=アルケミスト 17歳? 男性? ネヴァーフ?
データの全てに「?」が付いているのは伊達じゃない、なんか円筒形で銀色で眼が光るような気がするけどいやでもネヴァーフだよね? って感じのどこからどう見てもネヴァーフ。銀色に光っているだけのことはある硬さを誇り、「かんっ」と言う良い音を響かせつつパーティの盾として大活躍。また、アコライトの少ないパーティの重要な回復役でもあり、しばしばポーションを頭の天辺辺りから放出していた。
 ●レム メイジ=セージ 18歳 男性 ヒューリン
なんとなくパーティ1まともに見えた、頭脳労働担当者。ボスの弱点を見抜いてヒントもなしでパーティを勝利に導いた。テイカート=レム=レイオンと言う長いフルネームを持つ貴族出身者なため、グレックと並んでパーティの財布でもあり、メガザワに補充用のポーションを提供したりリップルにたかられたりしていた。

性懲りもなく、ロンチャ姐さんとメガ=ザワのコンビを描きましたんで、良かったらまた見てやってください~。
また、リップルとレムはこちらで使ってたキャラをそのままコンバートしてきたので、こちらもご覧いただけると嬉しいです。

以上、次の定例会の日になってしまう前に、簡単にですが緋月めが書かせて頂いてしまいました。
訂正・差し替え・追加等、参加された皆様方よろしくお願いいたします!
EDIT  |  18:34  |  アリアンロッド  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP |