2005年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2005.07.24 (Sun)

7月24日議事録(2)

7月24日定例会の2卓目は、緋月 八樹さんのトーキョーN◎VA Dでした。
シナリオはカゼのSSS掲載の『復讐の天使』でした。

深夜の環状線を疾走する都市伝説。ゾクを狩り続ける幽霊ライダー。
だがそれは、曖昧なゴーストなどではなく、実体を持った狂気だった。
復讐を誓う少女と狂気に犯されたAI。抗争を続けるゾク。
さまざまな思惑を原動力に、また新たな伝説が駆け抜ける!

こんなような話でした。

参加PCは・・・


一匹狼のカゼ。
斜に構えた感じの青年だがで、弱者には優しい好漢。
昔馴染みの少女ホーリィが復習の為にゾク狩りを行っていることを知り、辞めさせようと奔走する。
「俺はツイていない・・・」が口癖で、二つ名の由来という噂も!?
・・・一言で言うなら、今回の主役!

柳木 悠
千早重工のクグツ。
どこか飄々とした雰囲気の男だが、会社の不利益となる者には冷徹な裁きを行う怖い人。
千早重工から消えた新型ヴィークルを回収するため暗闘する。
キャラクターイメージはトリビアの泉で有名な「八嶋さん」らしい!?
・・・一言で言うなら、仕事の鬼!

朽木 三郎
悪のフリージャーナリスト。
ジャーナリズムを武器に、色々企む悪い人。
軽い気持ちで調べ始めた幽霊ライダーの正体を察してしまい、企業と利益の狭間で苦悩する。
ちなみに今回は赤字だったらしい!?
・・・一言で言うなら、メディア界の蛆虫!

レイニィ
凄腕のニューロ。
実はAIであり。実年齢は3歳だったりする。
兼業でヴィークルの修理工場をボランティアで行っていた。・・・が、留守中にゾクが進入し、工房が荒らされた為、大いに憤慨する。
ちなみに、今回唯一の成長キャラだったりする。
・・・一言で言うなら、4番でエース!

こんな人たちでした。
スポンサーサイト
EDIT  |  01:48  |  トーキョーN◎VA  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2005.07.24 (Sun)

7月24日定例会記録(1)

本日の1卓目はサークルメンバーのM.A氏のマスターで、
CALL OF CHULHU d20システムによるシナリオ『虚空の怨念』
(TRPG情報誌ロールアンドロール誌掲載)でした。

古典芸能鑑賞サークルのメンバーであるPCたちは、
それぞれの知己が偶然にも所属していた趣味のオカルト系団体
“銀の薔薇十字結社” の催す交霊会イベントに招かれた。
そして、そこで起こった本物の怪異によって、否応無く運命の渦に
巻き込まれていくのだった。

今回は、前回に誰も死にも発狂もしなかった事を反省したGM氏が、
バランスをキビシ目に調整していくと宣言。かなりの危険が期待された。
が、やはりなんだか、誰も死にも発狂もせず、一部怪我はあったものの
無事に(?)危機を乗り越え、 夜明けを迎えてしまったのでした(^^;

今回は3名のPCのうち2名はすでに世界の裏側に潜む本物の怪異を
経験しているため、新キャラである1名との絡みの演出にこだわって
みました。(T381)

プレイヤーキャラクターは…

夏目貴之 35歳男性
(外科医。心理学にも通じている。ひょろ長い。奥さんがいる。オカルトは、“あなたの知らない世界”を好きで見ていた程度。「おそらくあれは参加者全員へ憎悪を向けていました。…我々もその対象になっていないという保障はありませんね…」)
坂本慎太郎 37歳男性
(古書籍研究家で大学で非常勤講師もしている。中肉中背。オカルトは、すごく興味があるが、信じているというより好奇心から。「一つだけ分かった事があります。…真実から目を逸らすべきではない、という事ですよ」)
斉桐明日奈 30歳女性
(心理学者相当の心理学助教授。ゼミで受け持つ学生の受けは良いらしい。オカルトは、趣味としてそういうものがあることに対して否定的ではないという程度。「何か気になる事があるのなら…聞くだけなら聞きますよ?」)

こんな人らでした。
EDIT  |  00:47  |  CALL OF CTHULHU  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.07.10 (Sun)

7月10日定例会記録

本日はサークルメンバーの“おうる”氏のマスターで、
アリアンロッドによるダンジョン探索シナリオ でした。

ほぼ作りたてキャラの集団であった新設ギルド“パワード・ジャスティス”の面子は非常な資金難に直面しており、見かねた宿の主人が紹介してくれたダンジョンのネタに飛びついたのでした。
道中、しのび寄ってきた山賊に身包みを置いていくよう依頼されたりしたものの、無事現地へ到着。、
「近道はこちら」とか、これ見よがしな看板が立ってる、いろいろな意味であやしいダンジョン内を、トラップを解除したり強引に突破したりしながら踏破。最後の部屋に宝物の代わりに残されていたメッセージから、そのダンジョンの正体に気づいた一行は、主人の処遇について検討しつつ、黒いオーラを垂れ流しながら、朝焼けの空の下帰途につくのでしたw

収支は、各人経験値を13~15点ほど、ゴールドを80程度入手。

プレイヤーキャラクターは…

“やさぐれ”ロンチャ 18歳女性フィルボル
(シーフ=バード。主にトラップ探知及び解除で活躍。ジョイフルで戦闘の支援も。やさぐれてて、金にがめつい姉御肌?ギルドマスター。「やかましい!むしろお前らのみぐるみを剥ぐっ!」)
“弾丸坊主”ユーファン 30歳男性ヒューリン
(アコライト=ガンスリンガー。ギルドに二人しか居ない2レベルキャラの一人。今回は主にプロテクションやインヴォークで活躍。二丁拳銃でバレットモンクなシーンも。「ことわる!神殿は信仰する者のための場所だ!」)
“持ち逃げ”チエリ・ブロッサム 15歳女性ヒューリン
(ウォリアー=サムライ。明快単純問答無用にチャンバラにて活躍。今回はGMのダイス目に狙われる事が多かった。故郷を出奔するときに300Gほど持ち逃げしたらしい。「ちがうよー。借りたんだってば。」)
“糸目”アイン 23歳男性ドゥアン牙爪族
(ウォリアー=モンク。基本的にマジックユーザーの直衛を担当し、背後を突いた敵を範囲攻撃でなぎ払った。基本的に何時もにこにこしている糸目が印象的な楽天家。「ご飯が無いなら、とりあえず水を飲めばいいじゃないですかー♪」)
“まとも”フィリオ 外見20歳男性エルダナーン
(メイジ=アコライト。ギルドに二人しか居ない2レベルキャラの一人。メイジとしてまともに攻撃魔法やエンチャント魔法、ブリンクで活躍。魔法防御力も悪魔のように高かった。「私はまだお金ありますから」)
“ゴスロリ”ファイン 15歳女性ヒューリン
(アコライト=メイジ。プロテクションの他、ホーリーライトなども乱れうちして活躍。止めを刺す回数が多かった。フィリオを師匠と仰いでいる天然ゴスロリ少女。「わぁ、朝焼けが綺麗だよ~?」)

こんな人らでした。
EDIT  |  03:13  |  アリアンロッド  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑
 | BLOGTOP |