2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2006.02.19 (Sun)

2月19日定例会記録

2月19日の定例会は、急遽1卓となりまして、法条氏GMの迷宮キングダムにPL6人で挑みました。

世界全体が迷宮に飲み込まれ大きなダンジョンと化してしまった世界で、小国家の国王以下宮廷のメンバーとなり、国家の繁栄と明日の生活のために冒険に出かけるこの「まよキン」ですが、今回のシナリオは文字通り「明日の食料確保」そのもの。
わずか三部屋の小規模な迷宮でしたが、心理の裏をかいたいやらしい罠にはひっかかるわモンスターは強いわで、それはもう良い感じにぼろぼろでした(笑)
GMは数回のキャンペーンを狙っているようで、また予定変更のあおりを食ってできなかった2本目のシナリオのための伏線もそのまま、と言う状態。ぜひとも次回でリベンジすることを楽しみにしているPLでした。次の目標は人口を50人に戻すことだ~!(ささやか…)

さて、そんなぎりぎりな小国家「さいころ帝国」の宮廷メンバーは以下の六人でございます。

 国王:“電光石火の”イオタ(女・18歳・狩人)
惚れっぽくムダ使い好きで仕事は嫌い、と言う三拍子揃った皇女様。戦闘では雪うさぎを駆って銃で戦う武勇系国王……のはずだったのだけど……あれ? どれもいまいち表現し切れてないね? と言う感じで。ラストバトルでは途中で脱落してみたり、役に立ってない度No.1でした(苦笑) 次回は真面目にリベンジの方向で!

 騎士:“死人に口なしの”シオン(女・28歳・処刑人)
さいころ帝国初の勲章獲得者、かっこいいお姉さん系騎士様です。二つ名とかジョブとか、天の配剤的なものを感じるはまり方ですが、首切りは決める、地味にバッドステータスは避け続けると、サイコロの神様に愛されているかのような文句のつけどころのない活躍ぶりでした。宮廷全員が一応生きて帰れたのは彼女のおかげ、と言っても過言ではないかも。

 大臣:“虎の尾を踏む”バリスタ(女・25歳・魔道士)
おっとりとした雰囲気を漂わせながらも、かなりの高確率で作戦判定を成功させまくり、宮廷の生還に尽力した、実はやり手なのかもしれない苦労人。どうやら地図の管理なども彼女が一手に引き受けてるらしいそうな(ゲーム外でもシート類の記入をみんなお任せさせていただいて、ありがとうございました!)。光が嫌い=暗いところが好き=目が悪い=眼鏡っこ、と言う誤解は解いとかないと大変ですよ!(笑)

 神官:“天上天下唯我独尊の”セミ(女・48歳・商人)
無理やり髪を切るのが好き(しかもとんでもない髪形にしてくれるらしい……)なため、国民の敬意より畏怖を集める神官様。顔面が迷宮化を起こして迷路状のしわが刻まれており、年より老けて見えるため「おばば」とかと呼ばれていたり。気力がたまらなくて苦労しつつも、宮廷の回復役として大活躍。味方同士で攻撃して気力ためるって、ぎりぎりだったからしょうがないけど、なんかFF2みたいですね(苦笑……と言うか古)

 ニンジャ:ソーガ・フーヨ(男・21歳・医者)
クラス欄に「ハットリ君」と書いてある、古式ゆかしい(?)ニンジャ。星の欠片を持って敵陣に切り込み、射線を通したりモンスターの進軍を防いだりと重要な役どころを担ってくれました。そのせいでマヨネーズで肥満→転がされて大ダメージ、と言う恐怖のコンボを食らった不憫な人でもあります。

 従者:“超ふぬけの”ヴューチェフ(男・34歳・博士/冒険者)
誰に使えているのか誰も知らない、訛りが光るぐうたら従者。而してその実態は、怪物学で戦闘を有利に持って行き、ピンチとなれば前線でモンスターを食い止める、大活躍さんなのでした。勲章複数人にOKなら、次点は文句なしに彼だったのではないかと(私見)。……それでも徹頭徹尾、ぐうたらを貫いたのも素敵です(笑)
スポンサーサイト
EDIT  |  00:48  |  迷宮キングダム  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑
 | BLOGTOP |