FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.05.26 (Sun)

5月26日定例会2卓目

5月26日定例会2卓目はわたくしすずねこGMのゴブリンスレイヤーTRPGでした。
最近発売された、ゴブリンスレイヤーというお話をTRPG化したものです。
シナリオは付属の「赤ちゃんを救え!」です。
ざっとキャラ紹介をば。

・サンマ傷 PL:T381氏 
戦士3 只人 男 15歳 白髪に灰色の目
パーティが誇るアタッカー。

・緑目 PL:T・I氏 
野伏2 精霊使い2 森人 男 年齢不詳 金髪に緑の目
射るもよし、探索や支援も可なオールラウンダー。

・ハゲダル PL:おおつか氏 
神官2 戦士2 鉱人 男 53歳 禿頭に茶色い目
殿や前衛を務める、パーティを守る壁。

・ユーノ PL:モルガナイト氏 
野伏2 斥候2 只人 女 18歳 黒髪に黒目
探索のエキスパートにして、投石砲台。

PT物であること、初プレイであることもあってロールプレイより攻略メインでした。
色々と説明やルール参照でもたついて申し訳ないです。

シナリオは無事クリアというか、赤ちゃんを確保し、
追いかけてきたゴブリンを倒す→また出てくる→倒すの繰り返しで絵に描いたような
「戦力の逐次投入は悪手」の流れでしたね。
あの流れはそうなるしかない、という判断でやりました。後悔はしていない。

T・I氏の表現が納得なのでお借りすると、
原作物でありながら、アニメや漫画等から入ってきたユーザー、
または最近の潮流であるCoC等から入ってきたユーザーが面食らうようなガチビルドシステム、です。
判定も縦軸の能力値と横軸の能力値を合計する都合上、項目が増えますし、
戦闘が経過するほどにチェックされて消耗等が重なる、とリソース管理も多めです。

冒頭の説明でゴブリンスレイヤーの主人公みたいな戦法は控えてくれと言いましたが、
最適解といいますか、取るべき行動や警戒すべき点を逃さないようにしないと一気に崩れかねないバランスで作られているのですね。
そういった戦法を考えるのが好きな人、またはそういうのを考えるのが当たり前だったオールドゲーマーの人は嵌るのではないでしょうか。
そういうポイントをやる前に把握して、ちゃんと説明できていないとダメですね。反省。

私はこういった種類のTRPGのマスター経験も、PL経験も薄いので、本当に色々と勉強になりました。
シナリオに書かれていない、PLの機転やアイディアへの対応をどうするのか。
続けていたらGM力が上がりそうな気がするというか、昔のGMはこれが普通だったのかと割と慄きつつも、頑張ろうという気持ちになっています。

参加したPLの皆様お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。
今回の経験を生かして、対応力のあるGMになれるよう頑張りますので、
また卓を立てた際にはどうぞよろしくお願いします。

(文:すずねこ)
スポンサーサイト



EDIT  |  23:54  |  ゴブリンスレイヤーTRPG  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |