2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2014.08.03 (Sun)

8月3日定例会3卓目

8月3日の定例会1卓目は東方の桜氏GMのウタカゼでした。
大きな人が滅び、コビット族を始めとした言葉ある種族と言葉を持たない動物達が暮らす世界。
PCたちは人びとに希望を与え、悪しき精霊と抗うウタカゼとなって冒険に出る!というシステム。メルヘン。

参加したのは以下の三人プラス、ゲストさん一人です。

■リーダー イクル PL:モルガナイト氏 
男 16歳 コビット族
元引き篭もり。知恵の分野に特化していて弓が得意。
休暇は大体部屋にいる。指導者イクル同志。

■ストーリーテラー ロコモコ PL:すずねこ 
女 16歳 コビット族
共産主義に目覚めたウタカゼ。愛情の分野に特化している。
歌う愛は大体その思想を讃えるもの。

■メンバー ベロン PL:T・I氏 
男 20歳 カエル族
編笠に蓑。口には楊枝と見せかけてバッタの足。
銅鑼を持ったアウトドア派だが食物連鎖的にも党員的にも下層に追いやられがち。

※シナリオ3回目のみ参加
■メンバー デビアス PL:owl氏 
男 18歳 モグラ族
ヘルメットに大槌を持ったモグラ。新人ながらも既に赤い思想に馴染んでいる。
世渡り上手だがどこか胡散臭い。

直前に動物農場を見ていたせいでつい共産主義ネタで走ってしまいました。
道中の敵を片っ端から倒し、赤マムシ同志、セアカゴケグモ同志、レッドスコルピオン同志、
赤ダイショウ同志と仲間を増やしては自分達の龍樹に連れ帰るという。
メルヘンなんだか、ドラクエだかメガテンなんだかわからない感じでした。
楽しかったけど、世界観に忠実なイメージを大事にしたいウタカゼファンの人には助走つけて殴られるでしょう。多分。
初ウタカゼ(らしきもの)を堪能させてもらいました。

GM、参加したPLの皆様、お疲れ様でした。
次があるかは解りませんが、機会があれば是非!

(文:すずねこ)
スポンサーサイト
EDIT  |  23:31  |  ウタカゼ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |