2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2015.01.12 (Mon)

1月11日定例会3卓目

1月11日定例会の3卓目は、モルガナイト氏GMの天下繚乱でした。
悪行西園寺の陰謀。邪神復活を阻止せよ!という感じだったそう。
悪は無事成敗されたのか気になります。
追記等ございましたら、参加者の皆様よろしくお願いします。

(文:すずねこ)
スポンサーサイト
EDIT  |  00:26  |  天下繚乱  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2014.03.02 (Sun)

3月2日定例会3卓目

3月2日定例会の3卓目は、M・I氏GMの天下繚乱でした。
舞台はなんと大正。
あの魔人さんが出ると聞いたら飛び込みたくなるというものです。

―――― それは一年前程前か。
外交官を父に持つ樋山美代(PL:東方の桜)は、女学生ながらも海外の風を浴びて帰国したところだった。
血溜まりに沈む母の姿。傍らには禍々しい黒外套を羽織った軍服の男。
不敵に笑う加藤保憲に挑みかかるも逃げられてしまう。
無残な母の姿に美代は声なく慟哭し、復讐を誓う。

時は流れて、とある年の帝都。
茶飲み仲間の幸田に呼ばれ、根木美都里(PL:すずねこ)は家を訊ねる。
煙草を燻らせ、彼の頼みを聞くのはいつものこと。
加茂本家を追われフラッパーとして怠惰に生きる女には、こうした暇つぶしが必要だから。
それが怪異の影滲む事件とならば、血も騒ぐというものだった。

また一方、天皇家の娘ながらも強すぎる力の神として忌まれた九条つな美(PL:nyoro氏)
姉と慕った黎子と平穏な女学生生活をしていた。
外見が変わらず、神の視点を持つ彼女にとって世は退屈だったけれども、
自分を無邪気に慕う黎子との暮らしは掛け替えのないものだった。
ぽつと不安を零した黎子をつな美が慰める。ずっと傍にいると ――――


久し振りに折込式。
天下繚乱は初体験なのですが面白かった。陰陽師万歳。
やたらと加藤さんを持ち上げてみたり、つな美さんを持ち上げてみたり。
大正浪漫はいいですなぁ。一杯堪能させてもらいました。

GM・PLの皆様お疲れ様でした!

(文:すずねこ)
EDIT  |  23:40  |  天下繚乱  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2013.12.02 (Mon)

12月1日定例会3卓目

12月1日定例会の3卓目は、モルガナイト氏GMの天下繚乱でした。
公式シナリオだったのかな。
こゆいメンバーが集まった結果がどうなったのか気になりますね。
追記等ございましたら、参加者の皆様よろしくお願いします。

(文:すずねこ)
EDIT  |  00:13  |  天下繚乱  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2013.10.14 (Mon)

10月13日定例会2卓目

10月13日定例会の2卓目は、モルガナイト氏GMの天下繚乱でした。
連続のGMお疲れ様です。
説明の時点で笑いが漏れる、中々凄まじそうなシナリオでした。
吸血鬼を梱包するとかなんとか聞こえてきたけど何があったんでしょうか。
参加者の皆様、追記がありましたらよろしくお願いします。

(文:すずねこ)
EDIT  |  01:14  |  天下繚乱  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2013.09.30 (Mon)

9月29日定例会1卓目

9月29日定例会の1卓目は、モルガナイト氏GMの天下繚乱でした。
里の仇討ち話だったそうですが、長崎の町をメタル力士が闊歩していたとか。
フリーダム!
参加者の皆様、追記がありましたらよろしくお願いします。
EDIT  |  00:48  |  天下繚乱  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT