2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015.06.07 (Sun)

6月7日定例会1卓目

6月7日の定例会1卓目はT381氏GMの永い後日談のネクロニカでした。
プレイヤー指定してのキャンペーン指導です。
何か色々あったみたいですけれども、滑り出しのほうはどうだったのでしょうか。
追記等ございましたら、参加者の皆様よろしくお願いします。

(文:すずねこ)
スポンサーサイト
EDIT  |  23:01  |  ネクロニカ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2013.07.15 (Mon)

7月14日定例会1卓目

7月14日定例会の1卓目は、T381氏GMのネクロニカでした。
キャンペーンの三話目。
PCも成長し、お互いのノリや設定も脂が乗ってきた頃でしょうか。
参加者の皆様、追記があればよろしくお願いします。

(文:すずねこ)
EDIT  |  01:04  |  ネクロニカ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2013.04.21 (Sun)

4月21日定例会3卓目

4月21日定例会の3卓目は、T381氏GMのネクロニカでした。
まさかの土壇場立卓。
参加者一人より戦果を伺ったところ、なかなか少ない損失でネクロマンサーを圧倒したとかしないとか。
詳しい内容の追記がありましたらよろしくお願いします。

(文:すずねこ)
EDIT  |  23:54  |  ネクロニカ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2013.03.17 (Sun)

3月17日定例会2卓目

3月17日定例会の2卓目は、T381からのかねてからの要望により、MK氏のNCによるネクロニカでした。

参加した姉妹たちは以下のとおり。

『ネフィラクラヴァータ(ネフィ)』PL:T381
ポジション:オートマトン、メインクラス:ロマネスク、サブクラス:ゴシック
享年14歳。
不自然に自然な森の中の湖に浮かぶ瀟洒な館の、見せ掛けの主。旅の果てに館へたどり着いた姉妹達を歓迎し、世話を焼こうとする。これまでそこで、誰とも分からない待ち人を待ち続けていた。
長く細い銀髪のおとなしそうな少女。スカートに隠れた下半身は蜘蛛を思わせる多脚機構。コンセプトはそのまんま蜘蛛女で、ハイジに対して保護の未練で発狂して、見守る為に多脚機構で天井にへばりついて寝てるところを覗いてみたり、意識不明で岸辺に流れ着いたロージィをテンパってワイヤーリールでぐるぐる巻きにして屋内へ運んだりした(その後、服を乾かす為に全裸に剥いたが…状況的に正しいよな?な?)。
突きつけられた真実に耐えかねて崩壊しかけた己のアイデンティティを、姉妹の説得によってなんとか立て直し、生みの親?からの自立を果たした。
「…ねえ…この脚、変じゃない…?」(震えながら)
後から考えると、あまりオートマトンぽくなかったような(汗)

『ローテグリッツェ(ロージィ)』PL:nyoro
ポジション:アリス メインクラス:ステーシー、サブクラス:ロマネスク
享年16歳。
ユスティと二人、遠く幽かな記憶にある「花園」を目指してあての無い旅をしてきた。
長い黒髪で、メーテルみたいな黒いインバネス。金色の鍵の首飾り。一番お姉さん。
共に旅したユスティに対しては独占。ユスティからは保護で未練を結ぶ。
森の入り口でゴーレムに襲われユスティと離れ離れになり、湖に落ちたロージィは湖畔でネフィに拾われることになる。初めての客にネフィは舞い上がり、執着で未練を結んだ。ロージィからは頼りなく見えたのか保護。
相方のユスティといつの間にか仲良くなっていたハイジに嫉妬して拗ねたりした。
意識を取り戻すまでに、ネフィにわりとご無体な扱いを受けることになるが、クライマックスではノシをつけて借りを返している。やってくれるぜ。
「私はここを出て行く。行かなければならない場所があるから。…あなたはどうしたいの?」
中の人のキレっぷりは相変わらずさいころ亭随一と言わざるを得ない。

『ユスティティア(ユスティ)』PL:日月
ポジション:ソロリティ、メインクラス:ロマネスク、サブクラス:タナトス
享年14歳。
ロージィと二人、遠く幽かな記憶にある「花園」を目指してあての無い旅をしてきた。
大きなリボンをした彼女はロージィより若干幼い容姿だが、二人の間ではどちらかというとお姉さん的な立場でいることが多かったようだ。森の入り口でロージィと離れ離れになった後ハイジに拾われて、森の湖の屋敷へたどり着くが、拗ねたロージィをなだめたり、館の秘密にいち早く気づいたりと大活躍(その分狂気判定も多かったが…)。状況を一番冷静に把握し、自ら行動で先導する様はまさにソロリティ。ネフィから見てると一番冷静に向き合える相手だったので、友達で未練を結んだ。逆にユスティからネフィへは、憧憬。
途中シーンのやり取りの言葉を取っておいて、効果的に投げ返してくれたりしたのがすごい。NCも納得。
「何もかも終わってしまっても、またここから始めればいいって、言ってくれたよね?」
俺は、この人はまだまだ底を見せてないと思う。どきどき。

『アーデルハイド(ハイジ)』PL:東方の桜
ポジション:コート、メインクラス:レクイエム、サブクラス:レクイエム
享年9歳。
容姿は幼女だが、心は長い旅路によってか大人びたところのあるドール。
小さなねずみのアンデッド「ガンバ」を道連れに一人で旅をしてきた。荒野で気を失っていたユスティを拾い、たどり着いた森と湖に浮かぶ館のある場所は、捜し求めていた景色に良く似ていた。
ユスティと再開したロージィに嫉妬の余り敵視されたり、ダイスの神様に見放されて会話判定にことごとく失敗したりと受難の前半を送ることに。ついでに保護の未練をこじらせたネフィから、過保護のあまり寝室の天井にはりついての監視をうけたりとストーキングの被害にあったりもした。ネフィのモデルになった研究者の記憶を持っていて、その待ち人本人であるか、またはその人物に作られたドールではないか、ということになっていた。研究者の少女時代に疎遠になった親友がいるという情報も発見されていたので、てっきりそれつながりかと思ってたら!それで、研究者に容姿がそっくりなネフィにたいしては未練は恋心。ネフィは研究者本人ではないので、保護からの変更はあえてしなかった。いつかそれをネタに再戦できたら面白いんじゃないかなあ。
「ごめんなさい…あなたのお母さんが待ってたのは、私」
…あの研究者は同性愛の上にロリコンということか…いやまて、ドールの形状と中にいる意識は必ずしも一致しないはず。ということは、ハイジはもともとはごつい成人男性だったというケースだって考えられるな、それが現在は幼女の中に…だと!?まったく奴の想像の斜め上行きっぷりは半端ないぜ。


NCを務めたMK氏曰く「今回はT381っサンの公開処刑だから♪」
…正直ナメてました。当初は開放されたヘンタイっぷりで周囲をドン引かせてぶいぶいいわせていたT381でしたが、最後には同席した姉妹の中の人nyoro氏の自爆テロにより、致命傷一歩手前まで追い込まれましたとも。ええ。全体的には気持ちよく疲れました。帰宅後飯食って速攻寝てしまったほど。
気が進まなそうでありながら、あそこまできっちり組まれた分岐を含めたストーリーの骨子、美しくも妖しげな破滅した世界の背景ディテール描写、狂ったPCたちを更に上回る頭のおかしい(ほめ言葉)ネクロマンサーの実態が徐々に明らかになっていくことによるカタルシス。ネクロニカのシステムが志向しているキャラクター同士のコミュニケーションを更に積極的にストーリー展開へ組み込む仕掛け。脱帽でございます。かなわんわー。
結局バトルパートが発生しないという、システム標準から見ればイレギュラーな終わり方にもかかわらず、クライマックス相当の行動判定を乗り越えた後には、長いバトルパートをこなした気分になっていました。
ご馳走様でした。ヤダって言ってたけど、是非またNCして下さい。たいへんなら、もうちょっとゆるくても構わないから。お願いするだけはしとくぜ。
nyoro氏のほかに同席してくれた、日月氏、東方の桜氏にも、感謝します。T381の気が狂ったロールプレイについてきてくれてありがとう。くけけけ。
(文:T381)

テーマ : TRPG - ジャンル : ゲーム

EDIT  |  00:33  |  ネクロニカ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2013.03.03 (Sun)

3月3日定例会3卓目

3月3日定例会の3卓目は、T381氏GMのネクロニカでした。
終末世界でまり見てをやろうぜ、的なシステム。
問題がなければキャンペーン的に動くとのこと。
結果はどんなものだったのでしょうか。
詳しい内容の追記がありましたらよろしくお願いします。

(文:すずねこ)
EDIT  |  23:53  |  ネクロニカ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT