2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.04.23 (Sun)

4月23定例会1卓目

4月23日の定例会1卓目はowl氏GMのダブルクロス3rdでした。
GM自作のシナリオで、復讐を誓う存在に、UGN側のPCがどう立ち向かうのか、という話でよかったのかな。
誰一人欠けることなく結末を迎えられたようです。
参加した方のご報告があればよろしくお願いします。

(文:すずねこ)
スポンサーサイト
EDIT  |  23:01  |  ダブルクロス3rd  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2017.04.10 (Mon)

4月9定例会1卓目

4月9日の定例会1卓目ははぐれ竹刀氏GMのダブルクロス3rdでした。
やったのはルールブック付属のシナリオでよかったのかな。
シナリオはあっても、その卓を囲む人によって物語は変わるもの。
今回はどんなドラマが生まれたのか、とても気になりますね。
参加した方のご報告があればよろしくお願いします。

(文:すずねこ)
EDIT  |  00:07  |  ダブルクロス3rd  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2016.04.10 (Sun)

4月10日定例会1卓目

4月10日の定例会1卓目はわたくしすずねこGMのダブルクロス3rdでした。
ワールドセッティングはリプレイ、トワイライトに載っているウィアードエイジです。
シナリオはウェブで拾った「I am Providence」です。

PC1 “ソードダンサー”水上ほむら (みなかみほむら) PL:Sさん 
ハヌマーン サラマンダー ワークス:大陸浪人 カバー:旅人
男 25歳 180/70
達人の師匠に拾われて剣の道に。
その老師はナチスドイツに殺されたが、既に敵討ちは果たしている。
現在は旅をしながら、見込みのある人間に剣と正義の心を教えている。

PC2 “ダインスレイヴ” PL:owl氏 ブラックドッグ キュマイラ ワークス:超人兵士A レジスタンス
男 17歳 180/120
元アーネンエルベの家系だが、ダインスレイヴの秘宝を使った実験の素体になる。
離反し、対ナチスドイツの活動を続けるが、その活動は過激。
自分を売った兄やヒムラーへ、己が刃が届く日を待ち望み、今日も戦う。

PC3 “イグニス・ファトゥス”テオドシウス・ベルンシュタイン PL:T381氏 
エンジェルハイロゥ モルフェウス ワークス:魔術師 カバー:研究者
男 26歳 178/60
元ドイツの有産階級の出。
友人の影響で魔術の道を辿るも、優秀であったが故にアーネンエルベの目に止まってしまう。
襲撃により、魔術本は奪われ、友は死亡。その友を生き返らせる術を探している。

1937年のアメリカ、と、ちょっとイメージしにくい舞台だったかもしれませんが、
皆様が此方のオーダーに答えてくださったので助かりました。
念願のウィアードエイジを回せてよかったです。

PLの皆様お疲れ様でした。
今回のセッションを糧に、今後も精進していきますので、
またの機会がありましたらよろしくお願いします。

(文:すずねこ)
EDIT  |  23:46  |  ダブルクロス3rd  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2016.02.07 (Sun)

2月7日定例会4卓目

2月7日の定例会4卓目はowl氏GMのダブルクロス3rdでした。
復讐がキーワードのシナリオだったそうで。
どんなロールプレイが飛び交ったのか、とても気になりますね。
追記等ございましたら、参加者の皆様よろしくお願いします。

(文:すずねこ)
EDIT  |  23:37  |  ダブルクロス3rd  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2015.02.08 (Sun)

2月8日定例会1卓目

2月8日の定例会1卓目はわたくしすずねこGMのダブルクロス3rdでした。
シナリオは自作のものです。タイトルは「カッサンドラ・レポート」です。
予言者の苦悩をモチーフに、セカイ系を意識したら、オーソドックスなダブクロシナリオになりました。
参加してくださったのは以下の三人。

■PC1 “炎の作り手”三和悠子 PL:Sさん 
モルフェウス/サラマンダー UGNチルドレンA/高校生
17歳 女 160/? 双子・転校・忘却 素体/加虐
炎を纏った剣を操る、ブレザー姿の女子高校生。
元は六分儀市というところにいたらしいが、星見市に引っ越してくる。
地元のUGN支部に所属。まだ覚醒して日が経っていない、期待の新人。

■PC2 “魔笛”司馬春華 PL:NEZ氏 
ハヌマーン アーティスト/非常勤講師
25歳 女 165/? 有名人・海外生活・家族 無知/加虐 Dロイス:音使い
ボブカット。仕事時はフォーマル。オフはパンツよりもスカート派。
母親が有名な音楽家であり、彼女もまた同じ道を辿る。が、その音には強い力が宿っていた。
平和が一番とマイペース。自由な振る舞いから独り身と思われているが実は――

■PC3 “アッパー・ドラグ”二楽カナエ PL:owl氏 
サラマンダー/ソラリス 研究者/研究者
24歳 女 170/50 有名人・心の壁・秘密 犠牲/吸血 Dロイス:変異種
ボサ髪を纏めた猫背の研究者。
父もまた有名な科学者で、同じ道に進むのは彼女にとって当たり前のことだった。
研究第一で語り始めると止まらない。慣れない現場でもやることになったらきちんとこなす。

同じシナリオを回すことはないので以下略。
今回のシナリオギミックは、PCの選択次第でルートが分岐するというものでした。
皆さんが前向きというか、格好良く纏めてくださってGMはほくほく気分で眺めておりました。
ただ、あれですね。ダブルクロスは時間の調整が難しいです。
シーン数増やそうにも侵食率の影響があるので……
そのあたりも含め、今後の参考にしようと思います。

参加してくださった皆様ありがとうございました。

(文:すずねこ)
EDIT  |  23:55  |  ダブルクロス3rd  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT