2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2010.09.18 (Sat)

9月12日定例会3卓目

遅くなりましたが9月12日の定例会レポです。

3卓目ははぐれ竹刀氏によるSFMラスティアーンでした。
ラスティアーンはいつものSFMと違い、より純ファンタジー色の強いサプリメントで、SFM参加が少ないウチでもすんなりと世界観が飲み込めてよかったです。

参加したメンツは以下の方々です。


●竜騎士「アッシュ=スカイウォーカー」
・アタッカー/ドラグーン
PTのメインアタッカーであり、竜に跨る騎士。「ジャンプ」は使わないっぽいですw
主人に忠誠を誓う「これぞ騎士!」といったキャラでした。
その攻撃力の高さで戦闘では八面六臂の活躍でした。
細かく罠を調べずに先に進んでしまうのはご愛嬌(=ω=)+

PLは月夜鳴さん。


●ドワーフの傭兵「シャルロット=アルカゼル」
・ディフェンダー/領域魔術師
傭兵団の分団長をしている、必殺脳筋少女。
多分にアホの娘でしが、そこがチャームポイントw
PT内の壁役兼罠解除役をこなしてくれてました。
最近のドワーフの女性はやっぱしロリ系のビジュアルなんですな(=ω=)

PLはT381さん


●エルフの探索者「レリック=テスター」
・ヒーラー/ドラグーン
竜に変化する能力を持ったエルフの青年。すごくいい人。
竜化によりHPをブーストして死ににくくなる頼りがいあるヒーラーさん。
竜に変化した後は背中に人を乗せることが出来るという機能付きw
戦闘のたびに竜になっていたのでエルフとしての印象は希薄だったり…(=ω=;)

PLは東方の桜さん


●ダークエルフの探索者「セレスティア」
・キャスター/領域魔術師
一族の命により冒険に出た、小国の王族出身のダークエルフ。
前線でアタッカー並みに武器を振るうキャスター。
…でもHPはキャスターなんだぜ、やっぱりw
基本的にレリックに跨ってアッシュと一緒にツイン竜騎士してました(=ω=)+

PLはMK



参加していたキャラ達にも世界観ぶも凄くすんなり馴染めたので楽しかったです。
GMのはぐれ兄さん、お疲れっした(>ω<)ノ
機会があればまた参加したいなぁ♪



(文:MK)
スポンサーサイト
EDIT  |  00:00  |  セブンフォートレス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.06.06 (Sun)

6月6日定例会2卓目

6月6日定例会の2卓目は、はぐれ竹刀氏GMのセブンフォートレスでした。
プレイヤーにエンゼルギアを強要された、との謎のお言葉を頂きました。
ただ、世界観はとてもいいそうなので、今後の稼働に期待です。
誰か詳しいコメントなり追記なりお願いします。

(文:すずねこ)
EDIT  |  22:36  |  セブンフォートレス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2009.07.20 (Mon)

7月19日定例会(2)

7月19日定例会の2卓目は、はぐれ竹刀氏のGMのセブンフォートレスでした。
ランダムダンジョン導入と、実際の探索を行ったそうです。
あとでGMに伺った所「意外とPCは死なない」というお言葉を頂きました。

詳しい記事は参加者の方、宜しくお願いします。

(文:すずねこ)
EDIT  |  02:24  |  セブンフォートレス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.07.27 (Sun)

7月27日定例会その1

はぐれ竹刀がGMをやらせていただきました、S=Fのレポートです。


シナリオ予告のようなもの
「炎導王が、来るべき冥魔との戦いに向けて作り上げた超☆魔導砲要塞。
しかし、超☆魔導砲要塞はあろうことか冥魔によって奪われてしまった。
超☆魔導砲要塞に搭載されている超☆魔導砲は、世界全てを照準できる超☆兵器だ。
一刻も早く、超☆魔導砲要塞を冥魔から取り戻さなければならない」


なんとも頭の悪そうなシナリオです。
お付き合いいただいた犠牲s・・・PC&PLは以下の四人。

・キャル=ソーネ ディバインウォーリア/ヒーラー
茶髪でギャルメイクのフードファイター。
双子の弟or妹がおり、そちらは料理を作る専門らしい。
ダイス操作の特技を得意とする。
PLはゲストのDさん。

・デューイ・バイセル エクセレントウォーリア/アタッカー
巨大な斧を振り回す勇者の少年。
ワークスは愛の狩人。バイセクシャル。
炎導王を「喰った」らしい。
PLはowlさん。

・ジュノウ グラップラー/ディフェンダー
修行僧。でもオカマ。
キャラ作成時のイメージは、ギース様(餓狼伝説)が元だった。
ライフパスって怖いッスね!
PLはMKさん。

・リン・カーター メイジ/キャスター
親の資産を食い潰して魔法を研究するボンボンらしい。
だが、その魔法攻撃力は凄まじいものがある。
凄いぞボンボン!強いぞボンボン!
PLはくんめい_8thさん。


・・・ぅゎぁ。
ひd・・・個性溢れる素敵なキャラクターばかりです。
このまま冥界へと旅立つシナリオに変更しようかと思いましたが、
準備していないので却下。
セッションに突入です。


オープニングフェイズ
炎導王に集められたPC達。
彼は、奪われた超☆魔導砲要塞の奪還をPCに依頼します。
なお、炎導王はオープニングでデューイの犠牲者となりました。

ミドルフェイズ
ミドルフェイズが始まった瞬間、すでに超(以下略に潜入しているPC達。
さすがに唐突すぎたと反省しております。
冥魔を倒したり往復するデスローラーを倒したり冥魔を倒したりしながら、
快進撃を続けるPC軍団。
要塞の制御室にいた冥魔(なぜか中嶋とイクラちゃんと呼ばれていた)を倒すと、
炎導王から通信が入りました。
演算室に行って、超☆魔導演算器のハルを取り戻して欲しいとのこと。
あるPLが言いました。
「うわー。凄く反乱を起こしそうな名前」

クライマックスフェイズ
演算室にたどり着いたPCを待ち受けていたのは、大方の予想通りハルでした。
瘴気に侵され暴走した彼は、
「なんでも超☆魔導つけりゃ良いってもんじゃない!」
というジュノウの言葉に、「始めてですよ・・・私をここまでコケにしたお馬鹿さんは・・・」
と、フリーザ様気味に怒って攻撃を仕掛けてきました。
S=F史上一二を争うどうでもいい闘いの始まりです。
PL「こいつ変身しそう」
GM「あ、変身は三回残ってます」

ハルは、HPが削られる毎に幽白演出や天龍呼吸法でパワーアップしていきます。
それに対抗心を燃やしたデューイが、聖闘士のような構えでコスm・・・プラーナを
練って斧で攻撃しました。
デューイは別に聖闘士ではないので武器を使ってもいいのです。
PC達の猛攻により、ハルはあっさり爆散。
お約束として急遽自爆することになった要塞から、脱出するPC達。

エンディングフェイズ
すごく・・・グダグダです・・・。
どうやらこの要塞は、炎導王が自分の汚点の生き証人であるデューイ達を
抹殺するために作ったトラップらしいです。
シナリオタイトルを「炎導王の野望」に変更。
炎導王の新たな野望を阻止するため、PC達が旅立ちシナリオ終了。

話し合った結果、このシナリオはあまり深刻に世界が滅んでいない、
ifの世界の話だということになりました。
めでたくはない。


PLの皆さんへ。
こんなシナリオに最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
今回、自分の力量不足、シナリオの練りこみ不足を痛感しましたが、
これを次回の糧とし、鋭意努力したいと思います。

テーマ : TRPG - ジャンル : ゲーム

EDIT  |  04:36  |  セブンフォートレス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2008.04.21 (Mon)

4月20日 プレイレポート

4月20日の定例会レポート。
まずは、私ことはぐれ竹刀GMのセブン=フォートレスメビウスです。
長くなりますのでご注意を。

PCは以下の4人。

PC1 リーフ エクセレントウォーリア/アタッカー
記憶喪失の少年。自分探しのために旅を続ける15歳。
今回、性格決定表を唯一ふった人で、結果は同姓に親切で異性にはつくしんぼうという
とてもいい人になりました。
PLはかぢさんです。

PC2 ヴァネッサ ヘビィウォーリア/ディフェンダー
没落貴族出身のお姉さん。本人曰く素直クール。
御家復興のために、従者のトゥーリオを連れて名声を立てるための旅をしています。
PLはアリツネさんです。

PC3 チャコール プリースト/ヒーラー
神託を受けては旅に出る、苦労性の神官。180cmの長身を持つ、30歳の男の子☆。
油断のならないF値を武器に繰り出す、必殺のファンブルヒールが光っていました。
PLはくんめい_8thさんです。

PC4 カルヴィナ=ブルーフィールド メイジウォーリア/キャスター
ライフパスで脳みそスライムを迷い無くとった剛の者。元ヴァネッサの家のメイドでした。
実は闇の宗教の一員ですが、特徴の脳みそスライムを如何なく発揮して、
オープニングでそのことを忘れているということに・・・。
PLはゲスト参加のモルガナイトさんです。


シナリオは、基本ルールブックに収録されているサンプルシナリオの、
『裏切りの要塞』でした。
以下、ネタバレを含みますのでご注意を。



冥魔に魂を売り渡した貴族の男バルドールが、貴族の令嬢ナタリーを誘拐。
PC達はナタリーを救出するためにバルドールが立てこもった要塞に挑む・・・。
と、こんな感じのストーリーです。

プレイに入ってまずはオープニング。
さらわれたナタリーを助けるため、リーフが颯爽とバルコニーから飛び降りたり、
ヴァネッサの前にやけに鼻にかかった喋り方をするバルドールが現れたりした
ところまでは順調だったのですが、問題はチャコールのオープニングで発生しました。
チャコールが神託を受ける場面だったのですが・・・

GM「キミはその夜、妙な夢にとらわれていました」
チャコール「うわぁ・・・ナメクジは、ナメクジだけはやめてくれぇ!」

この発言がGMのツボに入ってしまい、急遽その後の守護者ジュグラットのセリフを変更。

ジュグラット「そろそろ素直になったらどうなの?」

となり、ジュグラットさんはお願いを聞いてくれない相手にゲテモノ責めをする妙な守護者に・・・。

その後は何事も無くオープニングフェイズが終了。
ミドルフェイズでPC達はバルドールが立てこもる要塞に挑みます。

要塞に突入して幾つ目かの部屋、細い通路が斜面になっているマップを見たPC達は、
リーフを偵察に出して一つ前の部屋に待機。
リーフが一つ目の坂を越えたところで、セブン=フォートレスではおなじみ?の
デスローラーが猛烈な勢いで転がってきました。
ある意味期待通りのこの展開。潰されたものの一命を取り留めたリーフは、
デスローラーを破壊して無事、仲間と合流しました。

その後、チャコールのヒールが二回連続のファンブルでヴァネッサを葬りかけたり、一番奥と
思われた部屋でバルドールにおちょくられ殺意を高めたりしつつ、残った妖しい場所は
見通しが利かない穴の下だけ、という状況に・・・。
さて、どうしようかと皆が悩んでいると、カルヴィナが宣言しました。

カルヴィナ「飛び降ります」

止めるまもなく飛び降りたカルヴィナですが、無事に着地し隠し通路を発見する活躍を見せました。
隠し通路を進んでいき、いよいよ最後の部屋に到達したPC達を待ち受けていたのは、
バルドールと、なんと2人のナタリー。しかも、ナタリーは操られています。
苦戦必死と思われましたが、プラーナをつぎ込んで判定したリーフが偽者を見破り、
ヴァネッサが本物のナタリーを救出しました。
あとはバルドールを倒すだけ・・・なのですが、さすがにシナリオボスだけあって一筋縄では
いかない強さをもっています。
範囲攻撃やバリア(?)を駆使して戦うバルドールに、絶体絶命の状況に追い込まれるPC達。
『生命の炎』でのプラーナ回復のためにHPが減ってしまったリーフにバルドールの攻撃が
入るかと思われたその時、ヴァネッサがカバーリングで割り込みました。

バルドール「ヴァネッサ、やはりキミが邪魔するのか!」
ヴァネッサ「冥魔の力を持ってしても、私の盾は砕かれない!」

凄く燃える展開です。GMはこういうの大好きです。
話がそれました。

そんなヴァネッサや、ほぼ一人で偽ナタリーを倒したカルヴィナ、爆発的火力を持つリーフ、
そして絶えずパーティーの傷を癒し続けたチャコール。
全員が全力を出し切り、バルドールを倒すことができました。

無事にナタリーを助け出し、エンディングフェイズ。
リーフが、ナタリーに自分を助けた冒険の話をせがまれたり、カルヴィナが、GMも忘れかけていた
報酬を受け取ったりし、このままエンディングも無事に終るかと思っていたところ・・・。
チャコールがまたやってくれました。

GM「キミはその夜、妙な夢にとらわれていました」
チャコール「うわぁ・・・ミミズは、ミミズだけは~!」

もう私の中でジュグラットのキャラが完全に固定されてしまいました。
チャコールあんたって人は・・・。(褒め言葉)

こんな感じで、今回のセッションは爆笑に包まれつつ無事に終了しました。
初心者GMに付き合ってくださったPLの皆さんに、改めて感謝を述べつつ、
このレポートはこれで終了とさせていただきます。

皆さん、本当にありがとう。そして、お疲れ様でした。
EDIT  |  01:11  |  セブンフォートレス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP |