FC2ブログ
2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2020.03.09 (Mon)

2020/03/01 ブラッドパス

3/1の3卓目は、はぐれ竹刀GMによる、ブラッドパスのセッションでした。
PLは、モルガナイトさん、すずねこさん。
わりとあっさり目にセッションを完了したようでしたが、プレイの状況は詳しくは聞けてないので、参加者は気が向いたらコメントお願いします。
(T381)
スポンサーサイト



EDIT  |  01:26  |  ブラッドパス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2020.03.01 (Sun)

2020/03/01 ダークデイズドライブ

3/1の2卓目は、MK氏GMによるダークデイズドライブでした。
ダークデイズドライブは、雑に説明すると、さいころフィクションでFF15のようなロードムービーのシーンを再現するシステムです。世界は現代社会。その陰に隠れて生息する吸血鬼の下僕”イケメン”となり、ご主人様のご無体な要求に振り回されるのを楽しむというもの。ご主人様となる吸血鬼はPC達にはどうにもならないモンスターですが、基本的にはPC達がしくじっても超常能力や驚異の暴力でケツを拭いてくれる面倒見のいいボスです。その代わりとんでもないトラブルメーカーなのが頭痛の種ですが…。ちなみにご主人様の吸血鬼は、ロールorチョイスで表から作成します。今回は美中年のおじさま吸血鬼。

【ご主人様】"暁の流れ者"信玄[しんげん]男性1200歳くらい。大河ドラマの武士のようにでかい声で大げさな所作の暑苦しいタイプ。白木の棺桶に住み着く鎧武者で、顔の部分には面皰をつけていて口元しか見えない。兜には緋色のふっさふさのあれ、歌舞伎とかで振り回す髪の毛みたいなやつがついてる…美中年? もともと海外にいた古い吸血鬼で長いことフリーで活動していた。戦国時代には武田家に恩を売って養子に入り、その後歴史にも登場する武田信玄となったのは彼。なんだかんだあって上杉謙信と死闘を繰り広げたりした後、いろいろ飽きたのか死んだことにして歴史の闇に姿を消し、現在から70年位前に吸血鬼組織"友愛会"に参加したという経歴。

【PC1】飛鳥[あすか]男性24歳。元ホスト。客に吸血鬼がいて餌として選ばれたが、命を落とす前にイケメンとしての素質を見出され、イケメン選定の儀に参加することになった。(PL:おうる)

【PC2】東条[とうじょう]男性19歳。吸血鬼狩人の旧家の出身だが、友がイケメンとなったことで生家と袂を分かちそのご主人様の紹介でイケメン選定の儀に参加した。(PL:T381)

【愛車】ブラックアゴニー号(旧型のサンバーバン)ちなみにこのシステムでは成長するのはご主人様で、その結果は愛車のグレードとオプションパーツに反映され、居住性が増すことでイケメンたちの活動限界が補強されていく形になっている。初代愛車は必ず中古の軽自動車である。ブラックアゴニー号…車名決定表の内容はだいたいひどい結果に終わるが、まあそういうものである。笑え!

■シナリオ1「血涙の追跡」
■シナリオ2「野良犬の瞳」

…さて、今回、PC、NPC含め全員男祭り。ダイス振って決めても出てくるのは男男男…どういうことよ? シナリオ1のご主人様と昔いい関係だった相手とか、どうして男なのよ!? 史人GMの良い感じに胸を締め付けにくる系のシナリオとか台無しよ(笑) まあイケメンを全力で設定しても、それがだんだんイメージを崩していくのが楽しめないと、このゲームとはちょっと相性が悪い感じなので、GMもシナリオ雰囲気が表でぶち壊しになるのをある程度楽しむ必要があるのかもですね。
うん、いろいろ楽しかった。

余談ですが、最初にご主人様を決めるとき、性別とか容姿とかの要素ごとにおうる氏とT381とでダイスを振りあって、楽しそうな方を選んでいく形式で作ってみたわけですが、容姿について美少年と人外を振ったうちでは、人外で一致したものの、互いの人外観の不一致で不採用に…

おうる「けもので。見た目がまんま猫っての良くね?もふもふで、でも吸血鬼で横暴なの」
T381「いやあ、そんな癒されるご主人様では…やはりタコ型で。ひきつった顔しながら触手にずるずる巻き付かれて血ィ吸われようぜ?」

…決着がつかなかったのでダイス一発振り直しでやったら信玄が爆誕した。
(T381)

EDIT  |  00:00  |  ダークデイズドライブ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2020.03.01 (Sun)

2020/03/01 神我狩

3/1の1卓目は、べっちGMによる、神我狩の新サプリ適用のセッションでした。
PLは、ゲストMさん、与作さん、かしまさん。
プレイの状況は聞けてないので、参加者は気が向いたらコメントお願いします。
(T381)
EDIT  |  00:00  |  神我狩  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2020.02.10 (Mon)

2020/2/9 永い後日談のネクロニカ

2020/2/9の定例会はT381氏GMの永い後日談のネクロニカが立ちました。
世界が滅びた後、ネクロマンサーの無聊を慰める為に生み出されたドール達。
そんな彼女達が紡ぐ、世界の後日談です。シナリオは基本付属の「死人工場」です。
キャラ紹介をば。

■アリーチェ PL:べっち氏 
アリス/ステーシー/ロマネスク 11歳 大きなリボンのロリータ少女
好奇心旺盛な女の子。妹気質。
気になれば近づき、嫌な思いをしたら嫌いになる、そんな素直さは皆の庇護や執着を煽る。

■チャーリー PL:すずねこ 
コート/レクイエム/レクイエム 15歳 外套にボサ系ボブ
ゾンビネズミのアルジャーノンが宝物。年下のアリーチェを偏愛し、二人には色々頼る。
内気を克服するのが先か、腹に溜め込んだ病みが噴出すのか先か。

■しのえ PL:ゲストMさん 
オートマトン/タナトス/ステーシー 16歳 日本刀持ちの日系少女
自我は希薄なタイプではあるが、奔放な妹達の見守り役でもある。
鉄球で敵を転がして隙を作ったり、日本刀を一閃させたりと戦闘スタイルは多彩。

■カニバル PL:モルガナイト氏 
ソロリティ/ロマネスク/タナトス 15歳 ポニテに肉屋のエプロン
チェーンソーで斬るのが好き。それ以外はマイペース。
駆動の唸りが響くとき、文字通り鎧袖一触の攻撃力を誇る。

ネクロニカは初体験でした。
作者の「こういうのが好きです」がとにかく前面に出たゲームデザイン。嫌いじゃないぜ。
えげつない世界設定に、ガチな戦闘ルールという、
カツの上にご飯を乗っけてさらにハンバーグを積んだ恐ろしいボリュームの二段弁当のよう。
終わった後はすごいものを食ったぜ……な感慨に至りました。
慣れてきたらもっとロールプレイを重ねたり、
戦略を広げたりと色々なことが出来るようになりそうで面白いシステムですね。

GM、PLの皆様お疲れ様でした。
後日談二話目が展開されることがあれば、是非よろしくお願いします。

(文:すずねこ)

EDIT  |  00:32  |  ネクロニカ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2020.02.09 (Sun)

2020/2/9 ブラッドパス

人鬼血盟RPGブラッドパス……さいころ亭にもたらされた新たな処刑器具の名前だ。
PLは血契(ちぎり)を結んだ人間と吸血鬼のペアとなり(吸血鬼が複数になる例外あり)なんかイチャイチャしたり時には反発したりやっぱりイチャイチャしたりのエモい感じのロールをしながら敵のやべー吸血鬼、業血鬼を倒さなければならない!
マスターは理解した。あ、これステラナイツと同じ使い方のシステムじゃん?と。

かくして、卓決めのダイスに負けた四人の敗者達がブラッドパス処刑場に集った。
彼らはこれから、二組のペアとなりイチャイチャしたり反発したりやっぱりイチャイチャしたりしなければならないのだ。
ある意味この世の地獄の様相を呈しながら、PCが作成された。その時間およそ5時間。
命とか尊厳とかを預けるPCを作るにはやはり時間がかかるのだ。
けっして怖気づいて逃げ出そうとした死刑囚がいたわけではない。彼らは模範囚なので粛々とPCを作った。
結果、のじゃロリやらゴスロリやら5割がロリとつく感じのロリロリしい卓になった。
多分心に従った結果だ。何もおかしくはない。
決して、できる限りパートナーを苦しめてやろうなんて意図はないはずだ。

セッションはおおむね順調に進行された。
マスターはMr.ワイングラスとなって「よいぞよいぞー」と「ふむ、続けたまえ」の二種類の言葉を吐くBOTになっていた。
そしておおむねいつも通りクライマックスの戦闘は時間が足りなくなってカットされた。
やたら強い気がしていたボスは突然思い出したかのようにぐわーと言って死んだ。時の流れは無情なのだ。

学習しないことに定評のあるマスターは何事もなかったかのようにエンディングへ移行した。彼にとってはどちらかというと、PC達が最後にどんな感じでイチャイチャするかの方が重要だった。
結果的に概ねご馳走様でしたな感じになったので、マスターは満足してワイングラスを置いた。

だが、この世に尊さがある限り第二第三のMr.ワイングラスが現れるだろう。
せいぜい普通に卓を立ててその時に備えるがいい。
その言葉を最後にこの記録は終わった。
EDIT  |  21:28  |  ブラッドパス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT